日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


弊社独自の分析に基づく、論文や提言をお届けします。
戦略、消費、流通、営業などマーケティングを考える上で不可欠の論文です。

タイトル一覧


※論文番号について
論文の分野別に番号をふっています。分野別での閲覧にお役立てください。
S-xxx:最新の戦略理論、戦略事例、フレームなどをご提案します
C-xxx:消費リーダー、消費トレンドなど、消費動向に関する分析レポートです
E-xxx:経済環境、注目すべき社会現象などを分析しています
R-xxx:流通の変化動向、新しい流通トレンドなどについて分析しています
M-xxx:営業理論、現場での営業活動の成功事例などについて分析しています
RM-xxx:当社EnglishSite編集長Richard F. Mayによる提言集です
SM-xxx:シリーズ 「戦略的マーケティングの経済学」のアプローチに基づき分析・解釈を試みています

【E-110】  消費回復の動きは依然鈍いまま
-消費は雇用・収入環境やマクロ経済動向の追い風を活かし切れずにいる

【E-109】  消費はようやく水面下から浮上
-本格回復に向けマインドの方向感が定まり回復の足並みも揃うかが課題に

【E-108】  消費は改善の動きが徐々に進展しつつある
-先行きに影を落とす「トランプリスク」

【E-107】  消費には若干明るさが見え始めている
-内外情勢の変化を景気回復への足がかりとしていくチャンスが到来

【E-106】  米トランプ政権誕生後の経済シナリオ分析

【S-045】  第10回 ネクスト戦略ワークショップ 講演録
IV. 成長する東京・首都圏市場をどう攻めるか

【S-044】  第10回 ネクスト戦略ワークショップ 講演録
III. 中流成熟期の収益性の高い価格戦略は何か

【C-102】  第10回ネクスト戦略ワークショップ講演録
II. 見え始めたポスト中流生活

【E-105】  消費は分野間の好不調が分かれ一進一退が続く
-政治的リスクの見極めと慎重な政策対応が先ずは大事

【E-104】  消費の悪化は更に進む
-政策転換を消費マインド改善の契機へと活かせるかが鍵

【S-043】  第9回 ネクスト戦略ワークショップ 講演録
III. 激変する食品流通への重層戦略

【S-042】  第9回 ネクスト戦略ワークショップ 講演録
II. 新製品・新ブランドによる需要活性化

【E-103】  消費は日常生活財中心に悪化が進む
-消費マインドは方向感が定まらず、内外の悪材料に翻弄されやすい状況にある

【E-102】  消費は再び大きく悪化-政策対応如何では消費のスランプは続くおそれも

【E-101】    【特集:消費を読む】想定外の消費の落ち込みをどう読むか
-2016年3月期の家計調査データより

【E-100】  販売関連指標での悪化が支出全般に波及するおそれも
-消費マインドの動向が消費の行方を左右する

【E-099】  消費の悪化に一旦歯止め
-ただし、消費をとりまく環境の悪さが、消費回復の足かせに

【S-042】  第8回 ネクスト戦略ワークショップ 講演録
Session3. バーティカルマーケティングへの革新

【E-098】  長引く消費の低迷-内外景気の不振と円高・株安が消費回復の足かせに

【C-101】  第8回ネクスト戦略ワークショップ講演録 Session2:シングル社会の生活スタイル

【E-097】  高まる消費の先行き不透明感-消費回復の足取りは更に重いものに

【C-100】  観光日本のゲートウェイ「駅」

【E-096】  鮮明化する日常生活財と大型耐久財の回復格差-景気の先行き不安が消費回復の足かせに

【C-099】  住宅が売れない...持ち家購入は割に合わない?賃貸シフト鮮明の原因と「売る方法」

【C-098】  なぜこうなった?これからどうなる?駅ナカ

【C-097】  ネットワークと駅

【C-096】  ビッグデータの宝庫「駅」でのビッグデータ利用を阻むもの

【E-095】  日常生活財主導で進む消費改善の動き-消費マインドでの回復のもたつきがネックに

【C-095】  移動の起点・終点としての駅
格差拡大時代に新たなチャンスをもたらす鉄道サービスの「再クラス化」

【E-094】  消費にもようやく明るい動き-ただし、先行き不透明感と下方リスクは一部で残る

【C-094】  消費のホットスポットとしての駅

【S-041】  第7回 ネクスト戦略ワークショップ 講演録
Session2. マーケティング革新の四つの事例

【C-093】  世代交代で変わる鉄道と駅の役割

【E-093】  強弱双方の材料が交錯し消費は足踏み状態-今後は一部の前向きな動きが広がる事に期待

【C-092】  第7回 ネクスト戦略ワークショップ 講演録
Session1. 消費格差が生み出す新しいトレンドとチャンス

【E-092】  消費の低迷は暫し続く見込み-収入環境での弱い動きが続けば消費の先行きに陰りも

【C-091】  変わる家族と駅の役割

【E-091】  主役の消費は依然として冴えない足取り-消費回復への援軍は既に出揃っている

【E-090】  消費回復に向け「役者」は着実に出揃いつつある-待たれる消費への最後の「ひと押し」

【E-089】  消費はプラス転換へあともう一歩-消費マインドの回復に向けた次の一手が待たれる

【E-088】  足許で消費の低迷は続く-一部指標でようやく見えてきた底打ちの兆しに期待

【C-090】  クラス消費のリーダー~消費社会白書2015より~

【S-040】  ビルドアップ・マーケティング~2015年のマーケティング革新~

【E-087】  消費回復の動きは一旦足踏み状態に-回復の様相も依然まだら模様が続く

【E-086】  消費は反動減からの回復プロセスに乗る -まだら模様の回復、足取りも緩慢

【E-085】  消費は反動減からの回復プロセスに乗る -収入環境とマインドの改善も更に進展

【E-084】  今月の消費は改善への動きが認められる -消費税増税による需要下押し圧力は下火に

【E-083】  消費は一時的スランプを脱し回復への気配 -消費への追い風も更に強まりつつある

【E-082】  今月は消費の落ち込みが目立つ- 他方で消費回復への材料は揃いつつある

【E-081】  消費税増税後の反動減からの回復はまだら模様 -収入改善とマインド回復が今後の消費の追い風に

【E-080】  消費税増税後の反動減は比較的軽微に-収入見通し改善への期待が消費の行方を左右

【E-079】  駆け込み需要の盛り上がりに反し反動減は軽微に-収入環境改善とマインドの立ち直りが早期回復の鍵を握る

【E-078】  空前絶後の駆け込み需要の凄まじさ-需要の反動減は軽微かつ短期的との期待も

【E-077】  好不調の格差を抱え消費は失速気味-マインド回復による停滞の短期終息に期待

【S-039】  顧客接点のリ・デザイン -次世代マーケティングの提案
5.顧客の捉え方とセグメントのリ・デザイン-筋書きづくりによる遠近透視

【S-038】  顧客接点のリ・デザイン -次世代マーケティングの提案
4.消費者ネットワークへのアプローチ戦略

【S-037】  顧客接点のリ・デザイン -次世代マーケティングの提案
3.リアル小売の売場力開発-選択、購入、入手の即時化

【S-036】  顧客接点のリ・デザイン -次世代マーケティングの提案
2.多元チャネルのリ・デザイン-多元流通ネットワークの再定義

【S-035】  顧客接点のリ・デザイン -次世代マーケティングの提案
1.品質差別化へのリ・デザイン-セグメント開発とシグナル開発

【E-076】  消費支出が引き続き低迷。好調な雇用・収入と販売指標ギャップ

【E-075】  消費支出が低迷。力強さ欠く消費回復と販売現場の回復にギャップ

【C-089】  「消費社会白書2014 離陸する消費」よりNext Market

【E-074】  8月に並ぶ高水準を記録。2013年に入り上昇に弾みがつく消費回復(2013.12)

【E-073】  一時的な低迷を脱し、回復の勢いが再び強まる消費

【E-072】  東京五輪が後押し。2011年3月以来の高水準を記録した消費INDEX

【C-088】  消費税増税のインパクトと消費の行方

【E-071】  指標間の好不調の格差が鮮明に。消費INDEXは下降トレンドへ

【C-087】  ネクスト戦略ワークショップ 消費を牽引する「Wミドル」-オリジナル調査結果-

【E-070】  消費INDEXは再び回復傾向へ。本格回復を占う夏場商戦へ

【E-069】  3月から落ち込み、一進一退が続く消費INDEX

【C-086】  盛り上がる"新しい贅沢"消費

【E-068】  アベノミクス効果じわり。マインド先行から実態が伴いつつある

【E-067】  政権発足100日、賛否分かれるアベノミクス。緩やかな消費回復へ

【E-066】  安倍政権の期待感で進む「円安・株高」。デフレから脱却に向かう

【E-065】  景気悪化に歯止め。底打ちから上昇の気運を見せる消費動向

【E-064】  アベノミクスに揺れる経済と消費の行方

【C-085】 消費社会白書2013より 各章のコラムと抜粋

【E-063】  不安定な消費マインド。景気の失速感が深まる秋

【E-062】  政府の基調判断、10ヶ月ぶり下方修正。景気は鈍化・失速に向かう

【E-061】  内需主導の回復も先行き下方リスクを孕む景気と消費
-消費経済レビュー Vol.19より

【E-060】  小売の指標が悪化。再びの円高・株安により、消費の伸びが鈍化

【E-059】  震災復興特需と政策効果の後押しで、景気は堅調に推移

【E-058】  エコカー補助金終了後の反動減をどう読むか
-390万台から265万台へ32%ダウンへ

【E-057】  政府の基調判断、9ヶ月ぶり上方修正も、景気の本格回復の道険し

【E-056】  消費マインドは好転するも、ピークアウト気味の消費INDEX

【E-055】  景気の回復にもたつく中で持ちこたえる消費
-消費経済レビュー Vol.18より

【E-054】  消費INDEX5年ぶり高水準も一進一退。それでも日本経済の春遠し

【E-053】  TPPとどう向き合うか-TPPの国際政治経済分析

【E-052】  海外景況の不振と超円高。消費税増税抱える野田政権"試練の春"

【C-084】  みえない需要を掘り起こせ
-消費社会白書2012より

【S-033】  中小企業のためのベーシック・マーケティング

【S-032】  顧客視点の新規事業開発

【S-031】  高収益ビジネスへの挑戦 -PFビジネス

【R-020】  東京都心型ライフスタイルへの適合競争 -買い物満足のマーケティング

【C-083】  価格訴求と五感刺激で衝動買い

【C-082】  閉じこもる男性、飛びまわる女性 余暇の過ごし方は性差が明らかに

【C-081】  独身一人暮らしの調理頻度は男女差なし、夫婦での家事分担は高まるきざし

【C-080】  個人支出は「変わらない」が増加 有事の時こそふだんどおり

【E-051】  東日本大震災ショックと世界市場に翻弄された2011年の日本経済

【E-050】  政府の基調判断、6ヶ月ぶり下方修正。続く「円高・株安・低金利」

【E-049】  東日本大震災から半年。景気と消費は夏冷えから"決断の秋"へ

【E-048】  震災ショックから回復への動きも、高まる景気の下ぶれリスク

【E-047】  販売現場と消費マインド改善も、足を引っ張る民主党政権

【E-046】  震災ダメージから立ち直りつつある景気と消費。復興対策事業が鍵

【E-045】  頼みの海外経済にブレーキ感。国内消費INDEXは下降カーブ描く

【E-044】  東日本大震災の経済インパクトを読む-「ニューノーマル」への転換

【E-043】  東日本大震災で国内経済混乱。円安/株安/債券安の「トリプル安」

【E-042】  消費INDEXは上昇カーブ保つ。高まる景気回復への期待

【E-041】  先行き不透明感で、足踏み状態続く。本格回復は2011年に持ち越し

【C-079】  2010年のヒット商品-「理有(リアル)ライフ」に役に立つヒット商品

【E-040】  歯止めかからぬ消費マインドの悪化。消費回復の足かせに

【E-039】  円高と株安がもたらす消費マインド悪化。懸念される消費の腰折れ

【E-038】  どうなる地方の医療? - 医師不足の真相

【E-037】  消費INDEXは2ヶ月連続50超え。消費回復に向け「もうあと一歩」

【E-036】  デフレ解消の兆しも、揃わぬ雇用環境・収入環境・マインドの改善

【C-078】  爆発する「Twitter」人口

【E-035】  政府の基調判断、3ヶ月ぶり上方修正も、乖離する期待感と実態

【R-019】  店頭マーケティングから買物満足のマーケティングへ-買物満足度を最大化するマーケティング

【E-034】  国内外に課題山積。足取り不安定ながらも回復に向かう景気

【R-018】  伸びるローカル流通 第1部 4期連続増収チェーンの施策とは

【S-030】  生き残りは、ものづくり型自動車産業から
移動システム産業へのイノベーション

【S-029】  爆発する世界市場での日本の情報家電メーカーの生き残り戦略
-サムスン攻略法

【E-033】  「景気の二番底」「デフレスパイラル」の危機脱し、本格回復へ

【E-032】  市場衰退期における生き残り戦略の研究
151品目23年間のプロダクトライフサイクル分析

【E-031】  「甘い政府」と「冷ややか民間」。顕在化する景気認識のギャップ

【E-030】  失策重ね失墜する鳩山内閣。「消費の本格調整」への警戒続く

【C-077】  消費社会白書2010 「ひらく世代格差、強まるスマート消費」より
新しい消費の現実・マーケティングへのインパクト

【C-076】  2009年のヒット商品 -「デフレ下のスマート消費

【E-029】  「景気の二番底」「デフレスパイラル」の危機孕み2010年幕開け

【E-028】  デフレ進行で危機的状況へ。足引っ張る民主党政権の経済オンチ

【E-026】  消費INDEXは底入れも、先行きへのダウンサイド・リスク高まる

【M-007】  売りの現場で競り勝つ営業
-生活圏ベースの営業力開発システムの提案

【E-025】  雇用環境は過去最悪へ。問われる民主党政権の経済手腕

【E-024】  政府の基調判断、3ヶ月連続上方修正。異常気象の余波に要警戒

【E-023】  エコ景気対策で高まる景気底打ち感も、見えぬ本格回復シナリオ

【E-022】  政府の基調判断、3年3ヶ月ぶりに上方修正。回復への足場固めに

【R-017】  変わる日本のPB戦略

【E-021】  消費INDEXの下降局面続くも、先行指標は景気下げ止まりの兆し

【E-020】  不況下における価格・品質政策-成否の鍵を握る弾力性

【E-019】  春来るも凍りついた消費の雪解けは遠し。世界経済悪化が追い打ち

【E-018】  政府の基調判断、5ヶ月連続で下方修正。見えぬ反転攻勢手掛かり

【E-017】  回復の牽引役なく、続く消費の悪化基調。2009年見通しゼロ成長

【E-016】  団塊ジュニア世代の「崖っぷち投資」が変える日本のリスク資産市場

【E-015】  「振るわない年末年始商戦」で、消費は八方塞がりの泥沼状態へ

【S-028】  信頼づくりのネクストマーケティング

【R-016】  消費不況で変わる小売業のエコシステム

【S-027】  グローバルな市場拡大のマーケティング

【S-026】  消費転換期の「もう一度選ばれる」ONE-UPマーケティング

【C-075】  不況下のセールスキャンペーン
-「売れない」時代の「売れる」キャンペーン

【C-074】  消費低迷下の需要刺激のてがかり-求められる信頼価値

【C-073】  消費社会白書2009より
消費をリードする新しいデモグラフィックスと行動

【C-072】  2008年のヒット商品

【C-071】  2009年の消費をどう読むか

【E-014】  下降一直線の消費INDEX。2008年下期に加速する景気悪化

【E-013】  リーマンショックで本格化する景気悪化。他力本願の日本経済

【C-070】  沈む消費、浮上する商品サービス

【C-069】  新しい消費の現実 求められる信頼価値

【E-012】  急速に悪化する消費環境。高まる景気の先行きへの不安

【E-011】  値上げの経済分析

【C-068】  40代女性の市場チャンス

【C-067】  消費を変えるオンリーワン世代

【E-010】  地域間価格差別化のインパクト-変わる企業と地域経済

C-066】  2007年のヒット商品を斬る
ネットワーク理論から見えたヒット商品の成功のカギ

【C-065】  2007年のヒット商品 消費者心理を読んだヒット商品

【S-025】  「NEXT VISION 2008」より 顧客づくりのマーケティング

【C-064】  「NEXT VISION2008」より 消費リーダーと市場の攻め口

【C-063】  「NEXT VISION2008」より 2008年の消費をどう読むか

【C-062】  消費社会白書2008より 堅調な消費支出とその要因

【C-061】  消費社会白書2008より 変わる格差の許容認識

【C-060】  2008年の市場を捉える30のポイント

【S-024】  ポイントシステムの顧客ニーズと企業の対応事例

【E-009】  消費経済レビュー200710号より 2007年度(下期)の経済と消費の見通し

【RM-008】  次なるソフトウェア革命 -Software-as-a-Service

【E-008】  消費経済レビュー200706号より 2007年度の経済と消費の見通し

【S-023】  Merchant or Two-Sided Platform? 流通業と2サイドプラットフォーム

【S-022】  ポイントカードシステムのマーケティング

【C-059】  納豆騒動 九つの事実

【C-058】  消費社会白書2007より 変わる携帯端末ニーズと市場競争の多元化

【C-057】  2006年ヒット商品 「趣味型消費」が生んだ2006年ヒット商品

【C-056】  NEXT VISION2007より 進む生活の階層化、消費を牽引する成熟

【C-055】  消費社会白書2007より  変わる価値観

【C-054】  消費社会白書2007より  「消費社会白書2007」に寄せて

【S-021】  「NEXT VISION 2007」より 革新の「見えないエンジン」とプラットフォーム

【S-020】  「NEXT VISION 2007」より CS3マーケティング

【S-019】  攻めと守りのブランドロイヤリティづくり

【RM-007】  セオドア D. レビット 1925年3月1日~2006年6月28日
今日の経営課題を方向づけたマーケティング思考のリーダー

【C-053】  「団塊の世代」の五つの特徴

【C-052】  消費社会白書2006より 世代の定義と特徴

【C-051】  消費社会白書2006より 趣味化消費行動の広がり

【C-050】  消費社会白書2006より 裾野の広がりを見せる生活の趣味化

【C-049】  消費社会白書2006より 認識の文化的差異

【C-048】  消費社会白書2006より 個人主義のあり方の変化-すすむ「私化」

【C-047】  消費社会白書2006より 消費意識の世代格差

【C-046】  消費社会白書2006より 消費リーダーのセグメント

【R-015】  コンビニ、ドラッグストア、ディスカウントなど
「新業態」成長鈍化で市場は草刈り場に

【R-014】  異業態提携と大規模化探る百貨店業界 課題は「生活の趣味化」への対応

【C-045】  消費社会白書2006より 許容生活レベルの世代差

【C-044】  消費社会白書2006より コラム ゆとりの中流生活を志向するニート

【C-043】  消費社会白書2006より コラム 勝ち組・負け組意識

【C-042】  NEXT VISION 2006 より NEXT MARKET PLACE 2006

【C-041】  2005年ヒット商品 
格差化と世代交代が育てる差別化ヒット商品

【S-018】  「NEXT VISION 2006」より NEXT MARKETING 2006

【RM-006】  ピーター・ドラッカー 1909 - 2005年
ビジネスおよびビジネス教育の職人

【RM-005】  「情報化時代の戦争の原則」を読む

【C-040】  趣都 アキハバラ

【C-039】  動き出した選択消費

【RM-004】  バイラル・マーケティング
-今、知っておくべき伝統的マーケティングに対する新たな挑戦

【C-038】  オタクが斬る! VAIO TypeXを斬る
<見たい番組を過去から探せる「タイムマシン機能」搭載、VAIO Type X >本当の訴求ポイントは、別のところにある!

【C-037】  オタクが斬る!
Tivoを斬る 全米で300万世帯が加入したサービス<、TiVo>が日本に上陸する

【C-036】  オタクが斬る! 5人のオタク、あらわる

【R-013】  人口減少社会下で甦る都心商店街

【R-012】  ついに崩れた最後の2強!
強かったはずのイオン、ヨーカ堂に一体何があったのか?

【R-011】  「平成16年商業統計速報」を読む
-大型化・出店拡大偏重戦略の限界

【C-035】  「NANA-ナナ-」にみる時代の共感メッセージ

【S-017】  次世代戦略コンセプト-多面的プラットフォーム
(アンドレイ・ハジウ氏講演)

【C-034】  携帯音楽プレーヤ、残るのはどれだ?

【C-033】  AVライフの中心端末はPCかテレビか

【R-010】  独自流通が生み出す情報・サービスとの融合

【C-032】  能動態の消費者 -情報世代の台頭

【C-031】  NEXT VISION 2005 より
みえないニーズを捉える方法

【C-030】  オタク的消費者の経済学 -手強いオタク

【C-029】  リスクに対する態度は人によってどう違うのか!?

【C-028】  NEXT VISION 2005 より NEXT MARKET PLACE 2005

【C-027】  2004年のヒット商品

【C-026】  「オタク」化する消費

【S-016】  「NEXT VISION 2005」より NEXT MARKETING 2005

【S-015】  消費者期待を越えるものづくり

【SM-005】  競争主導のポジショニングと差別化戦略

【RM-003】  ワイヤーを捨てよう
WiFiが実現する、いつでもどこでもネットワークでつながる世界

【SM-004】  製品多様化競争の経済分析

【R-009】  21世紀の流通はどうなるか
-近代組織小売業崩壊後の小売業サバイバル8(八つの流通ドメイン)

【C-025】  2004年上半期のヒット商品

【C-024】  消費回復のカギは消費者マインドの刺激にあり

【SM-003】  新・流通戦略(差別的チャネル戦略)
-流通再編を活かした高収益チャネルシステムへの転換

【C-023】  かわいいマンバ - ガングロII・2004

【C-022】  消費回復は本物か?-回復マインドのドミノ倒しが始まった!

【RM-002】  ワインについての文化的なギャップを利用したキリンの「裁定」のメッセージ-カフェ・ド・文化的裁定

【SM-002】  価格差別化戦略
-利用チャネルをシグナルとした戦略的プライシング

【RM-001】  文化とマーケティングの「鞘とり」(アービトレイジャー)
文化的な差異を利用した市場拡大-製品のプロモート

【C-021】  『消費社会白書2004 すすむ消費、かわる消費』より
「M」型市場への「W型アプローチ」

【C-020】  2003年のヒット商品
「ハイクラス」志向と「スローライフ」志向が牽引するヒット商品

【E-007】  ネットコミュニティ形成の理論

【S-014】  情報家電企業の新しい差別化優位戦略
-ダイナミック品質ピラミッド(DQP)戦略

【SM-001】  戦略的マーケティングの経済学
-Economics of Strategic Marketing-の提案

【O-001】  インターネットの消費者心理  "フロー体験"の解明に向けて

【E-006】  オフィスビル2003年問題は危機か?チャンスか?

【E-005】  銀行再建の本筋-リテールビジネス再生の鍵(KFS)

【S-013】  オープンアーキテクチャ戦略の限界

【C-019】  消費指標にみるこの10年

【C-018】  2002年のヒット商品 ハイリスク社会への転換がもたらすヒット商品

【E-004】  都心生活者はなぜコミュニティ志向が高いのか-ネットコミュニティ論考

【C-017】  インターネットと購買行動
ブロードバンド化で購買行動はどう変わるのか-化粧品の事例より

【C-016】  都市型ライフスタイルの潮流-市場転換

【S-012】  ブロードバンド時代の次世代端末戦略とライフスタイル提案競争

【E-003】  不良債権処理は何をもたらすか-不良債権処理は消費者の手で

【E-002】  消費低迷のマクロ経済分析-「消費低迷不安説」を超えて

【S-011】  97年不況の戦略的教訓-不況下での成長戦略

【S-010】  準拠集団アプローチによるブランド再構築戦略-ブランド選択の外部性モデル

【R-008】  東京メガ市場への浸透戦略-流通営業の東京再集中と小商圏アプローチ

【S-005】  ネット経済下のブランド・ブリード・システム

【C-015】  世界の消費リーダー グローバル調査10ヶ国比較より

【C-014】  2001年のヒット商品 不況の空気をうち破る4つの潮流

【E-001】  経済政策論争における"失われた10年"

【S-009】  価格の魅力に勝つブランド開発

【S-008】  2010 Winning Marketing Style IV ハイブリッド説得によるブランド再確立

【S-007】  2010 Winning Marketing Style
III セグメンテーションからターゲティングへ

【S-006】  2010 Winning Marketing Style II 商品魅力度開発

【R-007】  2010 Winning Marketing Style
V 流通の再グルーピングとハイブリッド流通システム

【M-006】  2010 Winning Marketing Style VI 営業の新しい強み-営業の再統合

【C-013】  2000年のヒット商品 消費の「延期化」を解除する鍵は何か

【C-012】  消費低迷の謎を解く 日本型ダウンシフト消費

【R-006】  流通革命への対応戦略-ネット経済対応シリーズ メーカーのeチャネル化対応

【R-005】  流通革命への対応戦略-ネット経済対応シリーズ 商品サービスへの波及

【R-004】  流通革命への対応戦略
-ネット経済対応シリーズ EC市場のリーダー交代

【R-003】  流通革命への対応戦
略-ネット経済対応シリーズ 急成長するEC市場・市場規模予測

【C-011】  ネット時代の消費リーダーがみえてきた
ビットバレーで踊る人々 ~神なき情熱~

【C-010】  ネット時代の消費リーダーがみえてきた ネット化する主婦たち

【R-002】  商圏を超える生活者-重層セグメントによるアクセスマーケティングの展開

【M-005】  組織小売業対応の決め手は何か

【C-009】  ネット経済下のブランド・ブリード・システム

【C-008】  消費延期化を解除する鍵-90年代消費の分析

【C-007】  '99年ヒット商品-不安防衛消費

【C-006】  ガングロが行く

【C-005】  世紀末消費の心理分析

【C-004】  多様な格差社会への転換 市場を捉える九つの階層セグメント

【S-004】  新しいセグメンテーションによるマルチブランドポートフォリオ戦略
収入格差が生む中価格帯市場崩壊への対応

【S-003】  分裂市場下のブランド戦略
-ダブルネームブランドによる協創戦略の展開

【M-004】  顧客満足と収益性の同時追求による新営業品質づくり
SVM(セールス・バリュー・マネジメント)

【C-003】  渋り時代の景気回復のシナリオ

【S-002】  メーカーサバイバル戦略-多様性優位のマーケティング
III 分裂市場下の商品絞り込みとマルチアイテム戦略

【S-001】  メーカーサバイバル戦略-多様性優位のマーケティング
I 多様性優位のマーケティング革新

【C-002】  「信頼」形成, 情報ネットワーク

【R-001】  生活価値からのチャネル戦略再編

【C-001】  家族のゆくえ

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.