日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

組織小売業対応の決め手は何か
舩木龍三


【概要】
 長期化する不況に多くの企業が苦しんでいる。しかし、全ての企業が業績を悪化させている訳ではない。主要消費財メーカー18社の収益を分析すると、不況下でも営業利益を伸ばし、かつ高い営業利益率を誇る「勝ち組」と、営業利益減少ないしは営業利益率が低い「負け組」とに分かれる。
 この要因はどこにあるのか。メーカー間の収益格差の主要因は、営業流通戦略、とくに組織小売業対応の差にある。安易な組織小売業対応は、主導権を流通側に奪われ、収益を悪化させる悪循環に陥る危険性を持っている。高収益をあげたメーカーは主導権を維持しながら、対策を打っている。

 この論文では事例分析を通じて、小売対応におけるメーカー主導権回復のシナリオを提案する。

【構成】
 1.平成不況下の収益格差と要因
 2.組織小売業対応の悪循環
 3.成功企業にみる組織小売業対応 成功の条件
 4.メーカー主導権 再確立のためのシナリオ


本稿は当社代表・松田久一からの貴重な助言のもとに執筆されました。ここに謝意を表します。あり得べき誤りは筆者の責に帰します。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。


会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.