保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2016.02)
第8回 ネクスト戦略ワークショップ Next Vision 2016 講演録
Session2 : Next Lifestyle 2016 シングル社会の生活スタイル
主任研究員 菅野 守



はじめに

 セッション2『Next Lifestyle 2016:シングル社会の生活スタイル』では、消費者のデモグラフィックやサイコグラフィックの変化が、生活スタイルにどのようなインパクトをもたらすのかを、紹介していきます。生活スタイルの中で、主にライフコース、食、住、移動、買い物、という五つの側面に着目します。

 本パートの最後では、こうした生活スタイルの変化を踏まえて、新たな顧客としてどの層に着目していくべきかを示します。


1.ライフコースに応じて変わる生活スタイル

 はじめに、「ライフコース」で注目される動きを紹介します。

 世帯類型でシングル世帯が多数派となっていることは、Session1でも、既にご案内の通りです。

 ここでもうひとつ注目したいのは、ライフコースの多岐化と延期化が進む中で、各類型での家族のカタチが、多種多様になっていることです。節目となる独立や結婚、子どもを持つなどの意思決定が、規範的な意識に縛られず、各人の自由選択に委ねられるようになってきています。

 こうした家族のカタチの多様化は、生活スタイルの各側面で、ニーズの違いをもたらしていきます。


2.気楽なひとりメシとイエ食

 生活スタイルの変化のうち、まず、「食」で注目される動きを紹介致します。

(1)家族同居層の20%弱がひとりメシ

 シングル社会への転換は、食事の風景でも起こっています。

 従来の家庭での夕食シーンといえば、両親と子供が揃って食べる「一家だんらん食」でした。しかし、今回の調査をみると、ふだんの平日の夕食で「一家だんらん食」は全体の4割未満にとどまり、4人に1人は「気楽なひとりメシ」の食事であることがわかりました。


 本コンテンツの全文は、プレミアム会員サービスでの公開となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.