日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

消費社会白書2006より
生活の趣味化
裾野の広がりを見せる生活の趣味化
消費研究チーム
書籍スタイルのPDFでの閲覧はこちら

 趣味化ハイレベル層を中心に展開されている趣味化消費は、今後、生活全般にどのようにひろがっていくのであろうか。
 1年前と比べた支出増加領域、並びに、今後の支出増加領域として共通に提示した15項目について、男性趣味化ハイレベル層および女性趣味化ハイレベル層の回答比率をそれぞれ、男性全体および女性全体と対比してみる。
 男性趣味化ハイレベル層においては、男性全体と比べて、1年前と比べて支出が顕著に増加した領域は8領域であるのに対し、今後の支出増加領域は11領域である。女性趣味化ハイレベル層においては、女性全体と比べて、1年前と比べて支出が顕著に増加した領域は6領域であるのに対し、今後の支出増加領域は7領域である。
 特に男性趣味化ハイレベル層を中心に、今後、生活の「趣味化」を志向した消費行動は、更なる裾野の広がりを見せていくことが予想される。


図表 生活の「趣味化」により裾野の広がりを見せていく消費

(2006.04)
会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.