日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2010.08)
爆発する「Twitter」人口
消費研究チーム



世界のTwitter人口は1億1,270万人、この1年で3倍に
「Twitter」登録者数の推移(全世界)
 140文字の「つぶやき」(Tweet)を1日に何度も投稿することで他人とつながる、ミニブログこと「Twitter」。
 その利用者が爆発的に増加している。4月時点のTwitter登録者数は1億1,270万人。この1年で3倍強のスピードで増えており、現在でも成長ペースが衰えない。
 サービス開始は2006年7月、4年もたたずに1億人を突破した。1日当たり5,500万回の「つぶやき」が発信され、検索される回数は1日当たり6億回という驚異的な数字である。Twitterを読んでいる人(フォロワー)はもっと多く、1.8億人と言われている。

日本では1,000万人突破が間近
 日本ではどの程度浸透しているのだろうか。登録者数は4月時点で推定700~800万人と言われ、今年中に1,000万人を突破するのは確実と言われている。Tweet Sentimentsによる報告では日本の「つぶやき」シェア(登録者数ではない)は、世界2位の約10%で推移している。1日500万回以上の「つぶやき」がされている計算になる。
 日本でのサービス開始は2008年4月。2年強で1,000万人に浸透する計算になる。ちなみに、文字数制限のない日記風のブログ数は、1,690万(総務庁調査)。この数値を追い抜くという意見が多い。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.