保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2014.08)
経済指標速報 2014年8月6日(水)
今月の消費は改善への動きが認められる
-消費税増税による需要下押し圧力は下火に
主任研究員 菅野 守



【消費支出】

 消費支出は3ヶ月連続で減少するもマイナス幅は縮小し、10大費目別でも支出減少の分野の数が減り各費目でも伸び率の改善が目立つなど、支出全般と分野別の双方で、消費改善への動きが認められる。個別品目では、支出増加が顕著なものが出てくるとともに、支出減少が顕著なものでも、消費税増税による需要下押し圧力よりも増税後の反動減の影響の方が際立っている。


1.支出全般の動向

 総務省「家計調査報告」(平成26年6月分速報)によると、二人以上世帯の勤労者世帯では、消費支出の名目伸び率は-0.3%となり3ヶ月連続のマイナスではあるが、マイナス幅は前月5月よりも縮小している(図表1)。実質伸び率でも、同様の結果となっている。平均消費性向は52.0%となり、前年同月の水準(50.1%)を上回っている。支出全般の動きは、前月5月の落ち込みから、6月は回復への気配がみられる。


図表1.消費支出と可処分所得の前年同月比伸び率の推移



 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)ご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員サービス会員ご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.