保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

(2014.12)
第6回 ネクスト戦略ワークショップ 講演録
クラス消費のリーダー-消費社会白書2015より
ディレクター 大場 美子
シニアリサーチャー 菅野 守

本コンテンツは、2014年11月19日に行われた当社イベント、第6回ネクスト戦略ワークショップ「2015年の市場、戦略、マーケティングを読む」の講演録と、同日使用したプレゼンテーションをもとに構成したものです。


はじめに

 消費の現在とこれからをどう捉えるか、12月10日発刊の「消費社会白書2015」から、ポイントを絞って内容を紹介します。消費社会白書は、2004年版の発刊から今年で12年目になります。本書の特徴は、オリジナルの消費者調査を全国の15~69才の人口構成比に合わせ、約2,000サンプルで毎年実施。時系列の変化を捉えながら、アドホックなテーマを盛り込んで消費の変化と新しいきざしを捉える試みです。本年は7月中旬に調査を実施しました。

 消費は揺らいでいます。2014年4月の消費税増税前の駆け込み需要は予想外の大きさとなり、大型耐久財を中心に反動減からの回復が遅れている。一方で、富裕層が消費を牽引し、高額品、プレミアム商品が好調です。

 揺らぐ消費をどうみるか、我々がだした答えが「クラス消費」です。クラス消費とは、上下の落差がある階層性をもった消費市場になっている、ということをさします。例えばビールやお菓子などで高い価格帯の市場が伸びている。同時にPB等で超低価格帯の商品も定着しています。これからクラス消費とその背景、クラス消費のリーダーについて話をすすめていきます。


 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.