日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

新しいセグメンテーションによる
マルチブランドポートフォリオ戦略
村田多恵子・山本一作枝

【概要】
 戦後築き上げた中流平等社会が今まさに変貌しようとしている。収入格差が生活格差を生み、新しいニーズとライフスタイルを生み出す可能性がある。この構造変化がメーカーのマスブランド、中価格帯ブランドを弱らせている。このような状況の中、これからのブランド戦略の要諦は新しい生活格差に着目したセグメンテーションにある。この論文では新しいブランド戦略「新しいセグメンテーションによるマルチブランドポートフォリオ戦略」を提案する。

 まずはじめに事例を用いて、これまで大手消費財メーカーにとって、一番の稼ぎ頭であった中価格帯ブランドの市場説得力の低下についてみる。
次に、その背景を分析する。原因は市場の変化とメーカーの戦略の失敗という大きくふたつの側面から捉えることができる。変化する市場において、「ブランドポートフォリオ発想」の欠如、リスク感覚の欠如が、マルチブランド戦略の失敗の根底にあることを検証する。
 その上で新しいセグメンテーション導入の必要性と、「ブランドポートフォリオ戦略」の理論と骨子について論じる。

【構成】
 1.中価格帯マスブランドの崩壊
 2.中価格帯マスブランド崩壊の背景分析
  (1) 市場の変化
    1) 収入格差市場への転換
    2) 流通ビッグバンの進展
    3) 情報ビッグバンの進展
  (2) メーカーのマルチブランド戦略の失敗
    1) マルチブランド戦略のデメリットの拡大
    2) マルチブランド戦略の本来のメリット
    3) 失敗の要因
 3.新しいセグメンテーションによるブランドポートフォリオ戦略の構築
   ~ブランド縮拡大発想からブランドポートフォリオ発想へ
  (1) 市場変化への対応~収入による市場セグメント
  (2) ポートフォリオ発想のマルチブランド戦略
 4.マルチブランドポートフォリオ戦略-八つの戦略オプション
 5.マルチブランドポートフォリオ戦略構築のプロセス


本稿は、当社代表・松田久一による助言・指導をもとに、村田・山本が代表執筆しております。本稿の内容は、松田からのアイデア・構想に大きく負っております。ここに謝意を表します。あり得べき誤りは筆者の責に帰します。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録または、コンテンツのダウンロード購入が必要です。

メンバーシップサービス会員のご案内についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。



会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.