保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
2008年の市場を捉える30のポイント (2007年)

消費社会白書2008「多極化する消費 すすむ趣味の階層化」より
消費研究チーム


「消費社会白書2008 多極化する消費、すすむ趣味の階層化」から30のポイントをキーワードでご案内します。詳しい内容は「消費社会白書2008」本文各章をご覧ください。


* 図中の青い文字をクリックするとより詳しい内容がご覧になれます。
消費を増加させる要因は、収入の見通しと消費マインドの好転である。特に賃金の伸びや冬のボーナスの増加、正規雇用化の進展、年金問題の沈静化によるマインドの好転があげられる。 昨年と比較して、格差の存在と今後の拡大の認識は、さらに広範囲に浸透している。同時に「格差拡大はしかたがない」と許容する意識は低下してきている。 自身の生活レベル階層の高さが、上昇志向、衝動消費の意識の強さをもたらし、消費拡大を促進させる。一方で、格差拡大意識が公益志向を強め、消費抑制につながるふたつの潮流が存在する。 ヒット商品は「マスコミ+リアルコミ+ネットコミ」の相乗効果によって情報伝達される。 10代、20代の若い層を中心に、自分よりも「年上が魅力的」とする成熟志向層が過半数を超え、年配層では加齢が意識されている。成熟志向と加齢対策の対極的なアプローチが求められる。

1.未来への期待
消費を増加させる要因は、収入の見通しと消費マインドの好転である。特に賃金の伸びや冬のボーナスの増加、正規雇用化の進展、年金問題の沈静化によるマインドの好転があげられる。

7.容認から反発へ
昨年と比較して、格差の存在と今後の拡大の認識は、さらに広範囲に浸透している。同時に「格差拡大はしかたがない」と許容する意識は低下してきている。

12.拡大と抑制
自身の生活レベル階層の高さが、上昇志向、衝動消費の意識の強さをもたらし、消費拡大を促進させる。一方で、格差拡大意識が公益志向を強め、消費抑制につながるふたつの潮流が存在する。

19.累積波及
ヒット商品は「マスコミ+リアルコミ+ネットコミ」の相乗効果によって情報伝達される。

22.加齢ポジティブ
10代、20代の若い層を中心に、自分よりも「年上が魅力的」とする成熟志向層が過半数を超え、年配層では加齢が意識されている。成熟志向と加齢対策の対極的なアプローチが求められる。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.