日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2009.05)
消費低迷下の需要刺激のてがかり
-求められる信頼価値



1.家計の節約モード
図表1.抑制される選択的支出

図表2.減少する外食、レジャー支出
-1年前と比べた支出増減
 景気が悪化し、雇用不安と収入減が消費意欲を悪化させている。生活の細かな節約ノウハウが本になり、著者が「カリスマ節約主婦」としてマスコミにもてはやされている。消費市場全体が節約ムードに支配されているかのようだ。しかし消費者の意識では、主に節約しているのは生活費や教育費などの日常的支出ではなく、余暇レジャーなどの選択的支出(日常的支出に向けられた以外のお金)である。日常的支出の増減と選択的支出の増減をみると(図表1)、2009年1月調査結果では、「1年前に比べて日常的支出が減った」と答えた人は17.4%であるのに対して、「選択的支出が減った」人は45.9%と半数に近づいている。過去からの推移をみると昨年の夏以降に節約モードが強まっていることがわかる。
 さらに費目別にみると、増加層の比率が減少層を上回るのは20項目中2項目のみ、「食品・飲料への支出」と、「子供の教育費」だけである(図表2)。中でも減少層比率が最も高いのが「外食」(減少51.7%)、次が「旅行などレジャーへの支出」(減少33.3%)とレジャー産業にとって深刻な事態となっている。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.