保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
2000年のヒット商品
- 消費の「延期化」を解除する鍵は何か
大場美子
知られていないヒット商品
図表1.自分充実志向
(「夢や理想を持って生活したい」そう思う)の高まり
 2000年のヒット商品をあげてみる。新型カローラ、プレステ2、ユニクロ、生茶、ムースポッキーまたはフラン森いちご、LG21、甘栗むいちゃいました、bB、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ、ハリーポッター、顔ダニ、さて、すべてご存じでしたか?
 2000年だけでなく、90年代のヒット商品を並べてみると、マス宣伝と組織小売業店頭を通じて広範な認知を獲得し、周りの誰もが利用したというようなヒット商品が減った。代わりに、特定層の、口コミと街メディアを通じた、知られていないヒット商品が増えている。
 弊社の生活研究における時系列の価値観分析によると、一貫して強まっているのが自己実現志向である。
 しかし、自己実現志向―「自分らしさ」を求める願望は、簡単には満たされない。矛盾しているようだが、「他人と同じはイヤ」であると同時に、他者からの承認願望を伴い、そのために理解者―仲間を必要とする。「自分らしさ探し」の圧力が強まって、集団間は異質性が高いが集団内は均質性の高い、特定小集団化がすすむ。仲間うちだけで通じる言語、ファッション、消費が生まれる。
 市場を一つのライフスタイル、流行といったもので説明することは困難である。市場セグメントの多層化、特定層化がすすんでいる結果だ。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。
会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.