保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
ブロードバンド時代の次世代端末戦略とライフスタイル提案競争
舩木龍三


【概要】
 ブロードバンド時代が到来し、アクセス端末はPC主導から多様化時代を迎えつつある。次世代端末競争の制覇の鍵は、エンド価値の追求にある。つまり、ブロードバンド時代の端末用途・使い方提案による新しいライフスタイルの創造である。
 ここでは主要メーカーのライフスタイル提案と端末戦略を整理し、次世代端末競争に勝ち残る鍵は何かを整理したい。

【構成】
  1. エンターテイメントライフを追求するソニー
  2. ワイヤレスネットワークライフを追求する東芝
  3. アクティブモバイルツールを追求するシャープ
  4. テレビを基軸としたデジタルライフを模索する松下電器産業

本稿は当社代表・松田久一からの貴重な助言のもとに執筆されました。ここに謝意を表します。あり得べき誤りは筆者の責に帰します。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.