保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2014.03)
顧客接点のリ・デザイン -次世代マーケティングの提案
2.多元チャネルのリ・デザイン
-多元流通ネットワークの再定義



構成

 (1)顧客接点の大変動
 (2)オムニチャネル時代の捉え方
 (3)チャネル接点のリデザインの鍵

本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
ご登録はこちらをご覧ください。


(1)顧客接点の大変動
 顧客接点が大きく変化している。これまでのメーカーのチャネル戦略の枠組みの第一歩は、どのチャネルを活用していくかにあった。具体的には、配荷店数をどの程度にすべきかであった。直販の系列店舗数であれば4~5万店、卸流通を起用すれば10~15万店というのが大方の目安であった。
 しかし、インターネットやスマートフォンの普及と買物行動の生活行動への吸収によって接点が爆発的に増えている。店頭以外の接点が大きく拡大しており、流通ネットワークを再定義する必要がある。
 日本でアプローチ可能な接点を洗い出してみると、巨大な接点があることが確認できる。1日当たりの集客可能性という観点から分析してみると、スマートフォンは契約数が5,328万人と日本最大の接点となっている。郵便局も5,156万人という巨大な接点である。コカ・コーラの自販機やJR東日本も1,000万人を超える接点となっている。また、CVSも大手3社は軒並み1,000万人を超え、単なる販売接点以外の可能性を検討するに値する接点といえる。1店当たりの来店客数が1日1,000人という集客力と1万店を超える店舗数の結果である。
 一方、Eコマース大手のアマゾン、楽天は150万人という点を考えると、巨大な接点が多数あることがわかる。チャネル戦略を再構築するうえで、販売以外の接点をどうデザインしていくかが重要な時代となっている。

(2)オムニチャネル時代の捉え方
 こうした接点の拡がりをうけて、オムニチャネル戦略が注目されている。オムニチャネル戦略とは、個々のチャネル活動の垣根を超え、一貫性を持った相互的な経験を提供する企業活動と定義できる。
 顧客からすれば各接点にマッチした企業のサービスや商品・体験を受け取ることができる。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

【基調論文】 顧客接点のリ・デザイン -次世代マーケティングの提案
  1.品質差別化へのリ・デザイン-セグメント開発とシグナル開発
  2.多元チャネルのリ・デザイン-多元流通ネットワークの再定義
  3.リアル小売の売場力開発-選択、購入、入手の即時化
  4.消費者ネットワークへのアプローチ戦略
  5.顧客の捉え方とセグメントのリ・デザイン-筋書きづくりによる遠近透視
会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.