日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

情報ネットワークによる「信頼」形成
ネットワーク研究チーム
プリント用画面(PDF)
消費社会蔓延の時代
 現在を捉える言葉は様々にあります。その中でひとつの切り口としていわれるのが「消費社会」です。物を購入し、生活を構成する。この当たり前のことは、明治以降になって顕著になったものです。
 この当たり前のことは明治からの富国強兵、殖産興業に伴う、様々な諸制度と改革によってもたらされました。技術革新と産業化は「雇用」を生み出します。雇用による俸給で、その製造物を購入するという循環の形です。
 これらが一層拡大するのが、戦後高度経済成長期です。一般に「フォーディズム」といわれていますが、規格的大量生産を行い、累積生産量をあげ、収益を拡大しながら企業は巨大化していきます。企業の巨大化と企業収益の飛躍的拡大は、長期安定雇用と右肩上がりの収入の上昇をもたらします。それが更に消費へ向かうという循環が加速度的になっていきます。真の消費社会といわれるのはこの頃からです。
 このような消費社会という観点から「今」を眺めるとどうでしょうか。明治に入って、かつての階層が崩れ、総中流へと向かう中で、生活者個人は常に「欲望」を剥き出しにし、その消費を謳歌してきました。その欲望がもはや「人間の商品化」にまで到達しようとしているのが現在ではないでしょうか。
 むろんごく一部の例ですが、援助交際の名の元で、躰を売買する男女。自分を売った金をすべて遊びと消費(高額商品)へと注ぎ込む中高生。ファッションとはいえ、どうみてもかつての「その筋の方」を想像させる「茶髪」の女性(私の認識にも依存しておりますが)。健康とヘルシーの名の下で、ダイエット,エステ、そして極度の清潔などを求める男女。学校教育の弊害が叫ばれる中で(だからこそ)、一部の有名、伝統校へ入学するために、わずか2~3才の頃から教育に狂奔する親。これらはすべて「他者に選ばれる存在としての人間になる、する」ということが潜在的に抱かれている結果ではないでしょうか。自分自身でさえも商品化し、その対価を貨幣という形で直接・間接的に得ながら、更にそれをモノやサービスの消費へとつぎ込む。人間の欲望の限りない発露の形が「人間までも含めた総商品化」であり、今の消費社会の実態ではないかと思います。ボードリヤールの指摘したことが、まさに現前で繰り広げられているのがこの日本です。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。
(1997.04)

【参考文献】
「消費社会の神話と構造」 J.ボードリヤール 紀伊國屋書店
「現代社会の理論-情報化・消費化社会の現在と未来」見田宗介 岩波新書
「信頼」 N.K.ルーマン 勁草書房
「文明の構図」 山崎正和 文藝春秋
「ボランティア」 金子郁容 岩波新書
「信無くば立たず」 F.フクヤマ 三笠書房    他


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.