保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2009.04)
消費社会白書2009より
消費をリードする新しいデモグラフィックスと行動
【1】年代、ライフステージによる標準的生活の希薄さ



 現在の一般的なライフコースとは、22歳で大学を卒業し、就職・独立して、20代後半に結婚、31歳で長子誕生し、51歳で子供が独立して、60歳で引退する、というものである。女性では男性よりも2年早くこのようなステージ変更を経験する。
 ところが、こうした一般的なライフコースとは異なる層が生まれている。社会人になっても親元で暮らす独身社会人、結婚しても女性が退職せず夫婦ともフルタイムの仕事を続ける人、60代を過ぎてもフルタイムで働き続ける人々、非婚化、晩婚化を背景にした40代以上の独身社会人、40代以上の既婚子なし層である。収入や金融資産階層をみると、若手あるいは女性の高収入層、金融資産家が生まれている。
 同じ年代、ステージでも、生活条件の差が生まれ、ライフコースの「標準」がなくなり、新たな生活条件を持つ新デモグラフィックス層が顕在化している。

図表.八つの新デモグラフィックス層


本コンテンツは、
消費社会白書2009「新しい消費の現実 求められる信頼価値」
からの抜粋となっております。
消費抑制トレンドのなか、新しいデモグラフィックスを持つ層にチャンスがある。

発行 2008年11月
版形 A4版 カラー印刷
定価 9,800円 (本体9,334円+税)

消費社会白書2009の詳細はこちらから


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.