日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

携帯音楽プレーヤ、残るのはどれだ?
 
消費研究チーム

携帯音楽プレーヤの世代交代
図表1.携帯音楽プレーヤ市場における
製品タイプ別シェア
 iPod等のHDD(ハードディスク)オーディオ、及びRio等のシリコンオーディオ、このふたつの販売数量が、ポータブルMDを抜き、携帯音楽プレーヤの中で一気にメインの製品になった(図1)。
 HDD/シリコンオーディオは、音楽をHDD、フラッシュメモリ、メモリーカードに保存して再生できるプレーヤである。家電量販店3,500店舗の販売実績を集計するGFKによれば、HDD/シリコンオーディオの販売数量は、iPodminiが発売された2004年後半頃から上昇し、7月にカセットステレオを、12月にポータブルCDを、今年1月にポータブルMDを抜いた。ポータブルMDは、2004年の12月には販売シェアは60%を占めるメインの商品だったが、僅か1ヶ月でHDD/シリコンオーディオに抜かれた。
 ポータブルMDプレーヤーは、ソニーが、長時間録音、高音質化、パソコンとの連携、デジタルカメラの搭載など、高性能化を図り、ここ最近は、独自の音楽圧縮規格ATRAC3だけでなくMP3にも対応を広げてきたが、2004年iPodminiの登場によってあっさり逆転されてしまった。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。
会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.