日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

急成長するEC市場・市場規模予測
大場美子
 日本のインターネット最終消費財市場(以下EC市場)は、インターネットの普及とともに、この2、3年で大きく拡大する。当社の推計では、数年で全小売業売上高の1割にまで達する可能性がある。ネットチャネルが、小売り業の一画を確実に占めていくと考えられる。
 本稿では、EC市場の今後を、いくつかの基礎的条件の変化を踏まえて展望してみる。





本稿には当社代表・松田久一、並びに流通研究チームのメンバーによる議論・検討の成果が活かされております。あり得べき誤りは筆者の責に帰します。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.