保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
ネット時代の消費リーダーがみえてきた
- 「ネット化する主婦たち」
消費研究チーム
 ネット化によって家庭や個人のライフスタイルも大きな変動のまっただ中にある。今までネット化をリードしてきた層は「男性20~30代、IT関連従事者」であった。そして今後の次期リーダー層として注目されるのは「有職主婦」である。(「世代交代するネットリーダー-オタクから有職主婦へ」 参照)そこで今回焦点を当てるのは主婦である。主婦はインターネットをどのように使っているのか。主婦にとってインターネットとはどのようなものなのだろうか?

 主婦のインターネット利用実態を探るために、当社モニターを対象とした調査を行った。(2000年6月実施 弊社インターネットモニター全国・専業/有職主婦に対するWEB上での質問紙調査、有効回答数595s:以下「モニター調査」と表記)モニター調査では有職主婦31.8%、専業主婦65.4%である(年代別、ライフステージ別のサンプル構成は文末に記載)。
 主婦たちが普段インターネットを通じてやっていることは右図の通り(図表1)。
 実際にネット主婦がインターネットをどのように利用しているのか。その答えは三つ、出会い、情報探索と悩み相談、買い物である。以下それぞれについて詳しくみていく。

1.出会い

(1)出会いの実態

 1) メル友の存在

 メールのやり取りの相手として上位にあがってくるのは、
  1. 友人・知人 90.4%
  2. 兄弟・姉妹 36.1%
  3. 会ったことはないがネットで知り合った友人 36.0%
  4. 夫 34.8%
  5. ネットで知り合った友人 28.2%
となっている。注目すべき点は「会ったことはないがネットで知り合った友人」、いわゆる「メル友」の存在である。「インターネットを通じて知り合った人がいる」という人は53.9%、平均人数は15人。更に「実際にネットで知り合った人と会ったことがある」と答えた人はそのうちの42%にものぼる。平均人数は9人となっている。主婦は掲示板やメールを通してネットワークを積極的に広げている。ネットでの出会いは若者の間だけではなく、主婦層にまで広がっており、そこからつづくリアルな世界での出会いは、すでに日常的なことになっていると考えられる。
 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.