日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

オフィスビル2003年問題は危機か?チャンスか?
経済分析チーム



【概要】
 昨年あたりから「2003年問題」が注目を集めるようになった。2003年におけるオフィスビルの大量供給によって賃貸ビル市場は供給過剰に陥り、市況が悪化し景気の足を引っ張る、というのが2003年問題である。ここでは、2003年問題の事実を確認し、悲観的な見方は正しいのか、それともビジネスチャンスとなるのかを検討したい。

【構成】
1.事実と予測
2.悲観論者の見方
3.森ビルの反論と戦略
4.2003年問題がもたらす都市再生


本稿は当社代表・松田久一、並びに、経済分析チームのメンバーからの貴重な助言のもとに執筆されました。ここに謝意を表します。あり得べき誤りは筆者の責に帰します。
 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員のご案内についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。
会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.