日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

経済政策論争における"失われた10年"
主任研究員 菅野 守



構成
1. 平成13年度「経済財政白書」展望 - その"建前"と"本音"
2. この道はいつかきた道 - リチャード・クー氏の批判
3. 「供給サイド派」VS.「需要サイド派」神学論争  -"狂気的楽観"と"理性的悲観"の狭間で
4. インフレ・ターゲッティング論 - 最後の"救世主"(?!)
5. 政策論争から透けて見えてくる一般国民へのSOS -もっとリスクテイクを!


【概要】
 今回の「白書」ほど主張が鮮明なものは過去にない。裏を返すと、その中身自体、更なる検証の余地を与えるものではなく、はなから結論の見えたものに終わってしまっている。さしずめ、すべては「構造改革」という錦の御旗を振り回すために、見てくれだけは良くしてこしらえた、陳腐な筋書きの三文芝居といったところであろうか。


 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.