保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
消費回復は本物か?
-回復マインドのドミノ倒しが始まった!
 
大場美子

消費回復を示す指標が出始めた。
ゴールデンウィーク中(4月28日から5月9日)の海外出国者倍増
 成田空港の出入国者数が約84万人と前年同期比77%の大幅増、そのうち日本人の出国者数は約31万人で同約108%増となった。
「新・三種の神器」デジタル家電引き続き好調を維持
 2004年1-3月のNEBA(日本電気大型店協会)の販売実績は、DVD録再機192.5%、薄型TV対前年160.2%、デジタルカメラの勢いは弱まったものの、上期はオリンピックに向けてさらに成長が見込まれる。
1,400兆円が動き出した
 日銀の発表では2003年末の家計の金融資産残高は1,410兆円と3年ぶりに増加、おもな理由は株価の上昇にあるとみられるが、外貨預金が前年比23.9%増、対外証券投資が60.5%増と、国内の超低金利に嫌気した資産がリスク性資産に配分を変えようとしている。個人投資家は拡大しており、東京・名古屋・大阪の三市場1部・2部の株式委託売買高における個人投資家比率は4月データで約50%と外国人投資家(約30%)を大きく上回る。その背景には、ネット取引の拡大があり2004年3月末時点での主要オンライン証券口座数は約90万口座(カブドットコム証券、e*トレード証券、松井証券、マネックス証券4社の合計)と、1年で3割強の増加となっている。
2004年1-3月期の勤労者世帯の消費支出は前年同期比実質3.0%増
 2期連続の増加となった(総務庁統計局「家計調査」)。
3月の完全失業率(季節調整値)は4.7%に改善
 年度でみても2003年度平均は5.1%と前年度を0.3ポイント下回り、失業率が低下するのは1990年度以来13年ぶりとなる。
 当社のコンテンツ、「消費からみた景気指標」においても昨年末からの消費回復傾向が持続していることが確認できる。


本稿は当社代表・松田久一からの貴重な助言のもとに執筆されました。ここに謝意を表します。あり得べき誤りは筆者の責に帰します。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.