保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
2004年のヒット商品
「ものづくり」と情報コンテンツの魅力が生んだヒット商品
大場美子

 本格的に消費回復が注目された2004年だった。アテネ五輪、猛暑をチャンスに活かしたヒット商品も目立った。2004年のヒット商品を分類して浮び上がってきた五つのトレンドを紹介しよう。

デジタルハイライフ系ヒット
 デジタル三種の神器の中でも薄型大型テレビ、DVDレコーダーが昨年に続き、さらにパワーアップして売上を伸ばした。HDD内蔵DVDレコーダー289%、液晶TV(10インチ以上)対前年192%、プラズマTV158%の伸びである(JEITA 2004年1-10月期国内出荷台数対前年比)。デジカメは全体では頭打ちであったがデジタル一眼レフカメラではニコン「D70」などのヒットを出した。
 実際の購入者に購入理由を聞いてみると、「最新の技術が取入れられていたから」「予想以上に品質がよかったから」という理由が価格よりも上位にあがってくる。消費者の予想を超える品質が、価格の壁を超えるヒット商品の鍵となっている。
 主たる購入層は、弊社調査によると団塊の世代とその上の世代、世帯年収の高い層であった(図表1)。TV需要拡大の契機といわれる1インチあたり1万円の壁も突破しつつあり、今後の購入意欲層がますます拡大している。「豊かな生活」を実現するイメージとして、リビングに薄型大型TVとDVDがある生活が、久々に広範に浸透しつつあるようだ。
 デジタル家電製品は世界シェアでも日本企業が上位を占め、主要メーカーの業績が回復している。メーカーの技術革新を受け入れる消費者と、メーカー間の熾烈な競争によって製品がみがかれて、「ものづくり」よる日本の復活の原動力となった。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.