日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2010.10)
どうなる地方の医療? - 医師不足の真相
社会経済研究チーム



医師不足の真相
図表.「都道府県別人口10万人当たり医師数(2008年)
 2006年、世界保健機関の医療制度ランキングによれば、日本の医療制度は先進諸国の中で世界一と評価された。世界トップレベルの長寿国であり、乳児死亡率は世界でもっとも低く、国民一人当たりの医療費も先進国中で低い水準にあることが評価された。
 医療制度は世界一にある一方で、日本では「医師不足」と言われて久しい。実態はどうなのか?国際比較でみれば、人口10万人当たりの医師数は、OECD諸国平均が302人、日本は215人と30ヵ国中27番目の低さである。国際比較でみれば、医師不足が確認できる。
 しかし、それだけでは医師不足は語れない。医師数は増え続けているのだ。厚生労働省によれば、国内の総医師数は、2008年時点で28.7万人。ここ20年で約1.5倍となり、毎年増え続けている。また、人口10万人当たり医師数も20年前は164人であるから、大きく改善されていることがわかる。
 医師不足のもうひとつの問題は、日本の医師の多忙さからくるものである。ひとつの指標として、病床100床当たりの医師数をみると、日本が約15人に対して、欧米諸国は30名を超える体制となっている。また職員数も同様で、日本は欧米諸国の半数以下となっている。つまり、医師数は増えているが、それ以上に病床数が多く、患者一人当たりのサービス水準が低いのである。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.