日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2008.08)
消費転換期の「もう一度選ばれる」
ONE-UPマーケティング
~今、売れているものに学ぶ~
戦略研究チーム




 消費者の景気認識が急速に悪化している。実態としての雇用や収入は悪くなっていないが、先の見通しは良くない。当社の調査では、景気について「よくない」と感じている人の割合は89%に達し、今後についても77%が「悪くなる」という厳しい認識がもたれている。その結果、消費マインドが急速に冷え込んでいる。
 しかも食品やガソリンを中心に値上げラッシュが続き、生活コストは確実に増加している。消費者は生活コストを見直し、必要なものを絞り込んでいる。商品の選び直し、選択行動の変化が起こっているのである。一方、企業側もマーケティングコスト削減は避けられない状況にある。売れるものを絞り込み、それに資源を集中するようなマーケティングコストの再配分が試行されている。こうした結果、多くの商品分野で売れているものと売れていないものの格差が出てきた。
 ここでは、売れているものを消費者の選択行動という観点から分析し、消費者にもう一度選ばれ、勝ち残っていくために必要なマーケティングへのヒントを提供したい。キーワードは「ONE-UP」。ワンランク上の品質を提供し、競争相手よりも一歩先んじるマーケティングである。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.