日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

2010 Winning Marketing Style Ⅳ.
ハイブリッド説得によるブランド再確立
村田多恵子

【概要】
 90年代は、営業で勝負が決まった時代で、商品力は圧倒的に負けた。21世紀初頭10年、2010年をにらんだときに、新たな勝つマーケティングのスタイルが必要である。ここで2010年ウィニングマーケティングスタイルを提案したい。
 まず「商品開発力」でなく、現在の生活を楽しんで頂くことを提案できる「商品魅力度開発」。そして、商品力を上げていく前提条件となる「ターゲティング」、その上で、デフレ圧力に抗するための「ステータスブランディング」が重要になる。この3つが前輪となる。そして、後輪は、ブランド構築のもうひとつの鍵を握る「ハイブリッド流通システム」とこの推進のための「営業の再総合化」である。
本章は、「ステータスブランディング」をご提案する。

【構成】
 1.進む消費のブランド化
  (1) 見えない商品のブランド化
  (2) 素材のブランド化
  (3) 第4次ブーム
  (4) 消費の総ブランド化  2.消費の総ブランド化の背景
 3.ブランド再確立の課題
  (1) 「なりたい私らしさ」の再理解
  (2) 準拠集団の特定化
  (3) 所有者属性へのアプローチ
  (4) 10大ストリート集中
  (5) ハイブリット説得


本稿は、当社代表・松田久一による助言・指導をもとに、村田が代表執筆しております。本稿の内容は、松田からのアイデア・構想に大きく負っております。ここに謝意を表します。あり得べき誤りは筆者の責に帰します。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.