日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2010.12)
2010年のヒット商品
「理有(リアル)ライフ」に役に立つヒット商品
ディレクター 大場美子



 依然として消費低迷期は続いているものの、2010年後半から若干の消費回復の可能性がみえてきた。毎月の現金給与総額が、現時点で公表されている2010年10月までの8ヶ月間連続して前年同月比わずかながらプラスになっている(厚労省の毎月勤労統計調査、所定外給与、賞与含む)。節約態度は、弊社の消費調査データをみてもまだ過半の生活者が節約態度を保持したままという状況ではあるが、昨年同時期に比べれば10%程度縮小している(図表1)。

図表1.1年前と比べた節約姿勢の変化


 我々は「消費社会白書2011」(2010年12月発刊)において、今とこれからの消費について「21世紀の10年で日本の消費者は、バブル期の贅沢でもなく、不況期の節約でもない、新しい消費スタイルを創造しつつある。」(はじめにより)と解釈した。それがどのようなものなのか、2010年のヒット商品からヒントを探ってみよう。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスご登録が必要です。

会員サービスのご案内についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

 

参照コンテンツ

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.