日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2013.05)
盛り上がる"新しい贅沢"消費
消費研究チーム



 昨年の暮れまでの"暗い"空気から、一転して消費市場が明るさを増してきた。
 2013年年初から5月現在、「高額商品が伸びて百貨店が好調」「輸入乗用車が対前年2桁増」など高額商品サービスの消費が拡大しているというニュースが伝わっている。最初に消費拡大の空気をつくったのは、株高により資産残高が増加した資産家層、企業業績回復見通しをもった高収入層 (合わせてアッパー層) である。
 その空気が3月4月と月を追って、年代でいうと40代50代のミドル層、収入階層の中間層に波及している。ミドル層自身が資産収入見通しを改善させていることに加え、周りの空気に感染して財布の紐が緩みはじめたのだ。

 アッパー層の"贅沢"な商品サービスの消費行動はミドル層の模倣欲望を刺激している。世間の"暗い空気"に支配された節約消費意識から解放され、魅力的に映るのは「ちょっとしたぜいたく感」のあるものだ。
 今、人々が何を欲しがっているのか、4月連休前に実施した緊急消費者調査結果を紹介する。

 40の商品サービスカテゴリーと53の商品ブランドを任意に提示し、「ぜいたくと感じるもの」「欲しいもの」の解答を得た。
 はじめに商品サービスカテゴリーについて、「ぜいたくと感じるもの」のベスト10をみてみる(図表1)。全体では、「自宅プール」、「リゾートマンション」、「豪華客船クルーズ」と続く。上位10位までは、男女差はほぼない(違いは男性の10位「大排気量のスポーツカー」が女性では11位、女性7位「飛行機のビジネスクラス」が男性13位のふたつだけである)。

 「欲しいもの」は、全体ランキングでは1位が「3連泊以上の国内温泉旅行」、続いて「海外旅行」「お掃除ロボット」がベスト3である。男性1位が「ノートパソコン」、女性は「海外旅行」。女性では、3位に「お掃除ロボット」、4位「高機能炊飯器」、8位「家庭用エスプレッソマシン」と白物家電が、男性では6位に「50インチ以上の大型薄型TV」が入っている。

図表1.ぜいたくと感じるもの

図表2.欲しいと思うもの


 こうしてみてくると「欲しいもの」は「ぜいたくなもの」とは大きく異なっており、男女差も大きい。「欲しいもの」と比べると、「ぜいたくなもの」の上位には自分では買えないもの、欲しくないもの、ムダなものが含まれているようだ。

 そこで、「ぜいたくと思うもの」であり同時に「ほしいもの」を集計してみた。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員のご案内についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

参照コンテンツ

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.