日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

世界の消費リーダー
-グローバル調査10ヶ国比較より
大場美子
 本論文では10ヶ国グローバルネット調査の分析結果から、世界の消費を捉えます。
 21世紀は消費爆発の世紀です。その中で日本の消費だけが低迷しています。こういったなかで現在、世界市場はひとつの階層型市場に転換しつつあります。
 この階層型社会をリードしていくのは購買力の高い「アップビルダー」と「ダウンシフター」です。このふたつの層をどう攻略していくのかが、グローバル市場を攻略する鍵となります。

 日本の不況は、日本の個人消費の低迷による。最近の家計調査から消費の動向をみると、1世帯当たりの消費支出の対前年同月比は昨年4月から6ヶ月連続の実質減少の後10月、11月は2ヶ月連続の実質増加となったが、12月は▲4.4%と減少している。消費低迷がなぜ起こっているのかについては、様々な議論があるが、日本の平均消費性向は平成13年第4四半期季節調整値で72%と相変わらず低い水準を保っており、「節約」の空気に支配された消費意欲の低さという心理的な側面が大きいことがうかがえる。一方、「IT不況による景気低迷の長期化」が懸念されているアメリカは、1月30日発表の2001年10-12月GDP速報値によれば実質成長率前期比0.2%のプラス成長、個人消費が5.4%増と貢献しており、不透明感はあるものの景気回復への見通しが一段と明るくなっている。消費性向は依然として100%前後という過剰消費が継続している。アメリカ経済が景気後退局面に入り、テロという衝撃的な事件を経ての、日米のこの違いはどこからくるのだろうか。
 我々は、各国の消費はどうなっていくのか。なぜ日本の消費は低迷しているのか。今後消費を牽引していく消費リーダーは誰か。これらを明らかにするために2001年9月、世界10ヶ国約2万人を対象に、消費に焦点を当てたインターネット調査を行った。特にアメリカにおける調査は、たまたま9.11の1週間後に開始されており、その意味においても貴重な資料といえる。
 また、ここで紹介する集計結果は、各国におけるインターネット普及率の性別年代別構成に合わせてサンプル数を修正し、さらに、インターネット人口に合わせて各国のベースを調整したものであり、ほぼ現在の10ヶ国のインターネットユーザー構成比に沿ったサンプル構成になっている。


本稿には当社代表・松田久一、並びに消費研究チームのメンバーによる議論・検討の成果が活かされております。あり得べき誤りは筆者の責に帰します。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。
会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.