保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
家族のゆくえ
大場美子
プリント用画面(会員専用・PDF)
家族の新しい常識の形成
日本の平均的な家族とは「夫婦と2人の子どもの核家族、夫は8割以上がサラリーマン。40代前後に持ち家を郊外に求め、夫は都心の会社に平均1時間前後かけて通勤する」というものです。こうした「平均的な」家族形態と暮らし方は戦後高度成長期を通じて形成されました。また「家族は人間社会の基礎的な構成単位」(平成8年度版厚生白書)であり、「家族は社会と個人をつなく窓」という常識が1890年(明治31年)制定された旧民法の「家」制度によって生み出されました。
 先にあげた現在の家族形態が産業化(工業化)の進展とともにつくられたように、情報ネットワーク革命が進行する現在、家族形態だけでなく家族の新しい常識が形成されていくことが予想されます。
 現在の家族を成立させた歴史的背景を整理することから何がかわろうとしているのか、手がかりをさがしてみます。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)ご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。

本稿には当社代表・松田久一、並びに消費研究チームのメンバーによる議論・検討の成果が活かされております。あり得べき誤りは筆者の責に帰します。


【参考文献】
上野千鶴子「近代家族の成立と終焉」岩波書店
中根千枝「タテ社会の人間関係」講談社現代親書
阿部謹也「「世間」とは何か」講談社現代親書
青井和夫「家族とは何か」講談社現代親書
平成8年度版厚生白書              他

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.