保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
消費社会白書2007より
変わる価値観
消費研究チーム
書籍スタイルのPDFでの閲覧はこちら
価値観の変化
 価値観は、世代によって異なるように、時代のさまざまなできごとによって全体としても変わっていくことが推測される。では、近年どのように変化してきているであろうか。2003年から継続して測定している価値観の共通項目32項目の変化をみてみる。
 2003年から変化のみられた項目を抽出し、2006年の因子分析結果をもとに分類して整理すると以下のようになった。
 「公益志向」「上昇志向」「自力解決」「内閉志向」にあたる項目がどれも低下しているのに対し、「就職するなら小さな会社より大きな会社」「世界の中で自分の国や民族がもっともすぐれている」といった「立身出世」にあたる項目のみが上昇していることが確認できた。
 こうした変化の背景には、企業業績の回復などの影響による、一匹狼的生き方よりも大きな組織に対する所属意識の高まりや、最近の対外関係や外交問題などにより国意識が強まっていることがあるのかもしれない。

図表 価値観の長期変化


(2006.12)
会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.