半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

SUGGESTIONS提言

FEATURE ARTICLES特集

  • 現代のマーケ
    ティング戦略
  • 消費を
    読む
  • ヌン活にみる
    ホテルの危機
  • ブランド戦略
  • プロの視点

消費を読む

オープン

現代日本の消費について何が語られたのか―目的と手段の転倒

2024.03.01

現代日本の消費について何が語られたのか―目的と手段の転倒

2023年度、様々な賞を獲得した「現代日本の消費分析 ライフサイクル理論の現在地」 (宇南山卓著 慶応義塾大学出版会 2023年)について、消費の現場の課題解決に取り組む者としての目線で論評しています。

無料会員

月例消費レポート 2024年4月号 消費は足許で持ち直しの動きが見られる-「いつも通り」の消費の風景が戻ってくるようになれば消費回復の見通しもより確かなものに

2024.04.25

月例消費レポート 2024年4月号 消費は足許で持ち直しの動きが見られる-「いつも通り」の消費の風景が戻ってくるようになれば消費回復の見通しもより確かなものに

講演録

JMRからの提案 Posteriorマーケティング(2023年)

2024.02.13

JMRからの提案 Posteriorマーケティング(2023年)

カテゴリで関連記事を探す

ブランド戦略

MNEXT

MNEXT 大転換期の価値マーケティング(2023年)

2023.12.01

MNEXT 大転換期の価値マーケティング(2023年)

皆様にご提案させていただくのは大転換期の価値差別化戦略です。消費社会白書のデータに基づき、消費者に今どのような提案をすればいいのかを中心にお話ししていきたいと思います。

有料会員

JMRからの提案 Priorマーケティング(2023年)

2023.12.22

JMRからの提案 Priorマーケティング(2023年)

有料会員

JMRからの提案 Posteriorマーケティング(2023年)

2024.02.13

JMRからの提案 Posteriorマーケティング(2023年)

カテゴリで関連記事を探す

プロの視点

オープン

気になるあの街に行ってみた! 新たな再開発で注目の「押上」の住みやすさと魅力に迫る

2023.09.29

気になるあの街に行ってみた! 新たな再開発で注目の「押上」の住みやすさと魅力に迫る

近年、東京でもっとも激変したエリアのひとつ、押上。東武鉄道による東京東部の活性化のシンボルになっている東京スタイルツリーの開業から11年が経過し、押上は様々な側面を持つようになった。押上の多様性を、住みやすさとその魅力の観点からみていく。

オープン

プロスポーツのマネジメント ~最強のビジネスモデルを目指すBリーグ~

2023.06.09

プロスポーツのマネジメント ~最強のビジネスモデルを目指すBリーグ~

オープン

早くもSNSで大炎上!SDGsもナイトエンタメも発信する「東急歌舞伎町タワー」だから出来ること

2023.06.02

早くもSNSで大炎上!SDGsもナイトエンタメも発信する「東急歌舞伎町タワー」だから出来ること

カテゴリで関連記事を探す

TOPICSトピックス

  • 消費・市場

  • マーケティング

  • 製品

  • 価格

  • ブランド

  • 店頭・プロモーション

  • 流通

  • 営業

  • 事業戦略

  • 組織

消費・市場

有料会員

消費者調査データ No.407 冷菓(2024年5月版) 「ハーゲンダッツ」、「スーパーカップ」と首位分け合う

2024.05.24

消費者調査データ No.407 冷菓(2024年5月版) 「ハーゲンダッツ」、「スーパーカップ」と首位分け合う

3年連続で過去最高を更新した冷菓市場、代表的な24ブランドについて調査、「エッセル」と「ハーゲンダッツ」が激しい首位争いを繰り広げた。

有料会員

消費者調査データ エナジードリンク(2024年5月版)首位は「モンエナ」、2位争いは三つ巴、再購入意向上位にPBがランクイン

2024.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2024年5月版)首位は「モンエナ」、2位争いは三つ巴、再購入意向上位にPBがランクイン

オープン

成長市場を探せ クラフトジンがけん引 国産ジン、5年で3.9倍に

2024.05.07

成長市場を探せ クラフトジンがけん引 国産ジン、5年で3.9倍に

カテゴリで関連記事を探す

マーケティング

MNEXT

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

2021.05.25

MNEXT 眼のつけどころ プロ・マーケティングの組み立て方 都心高級ホテル競争 「アマン」VS.「リッツ」(1)

マーケティングという言葉を耳にする機会が、マーケティングの実務をはじめた1980年頃に比べて、各段に増えた。これはマーケティングの実務に長く身を置いてきた者にとって、喜ばしいことだ。しかし、空漠たる物知りの多弁、実際には日本経済や企業から、消費者や顧客志向のマーケティング理念が失われている。

MNEXT

MNEXT 眼のつけどころ 値上げの時代の生き残りマーケティング

2022.06.10

MNEXT 眼のつけどころ 値上げの時代の生き残りマーケティング

MNEXT

MNEXT 2023年の消費と戦略経営~マーケティングの6つの革新~

2022.11.29

MNEXT 2023年の消費と戦略経営~マーケティングの6つの革新~

カテゴリで関連記事を探す

製品

MNEXT

MNEXT 眼のつけどころ ブランド・ものづくりビジネスモデルの革新のすすめ方―戦略思考とはどういうものか(組織論篇) 構成

2017.12.25

MNEXT 眼のつけどころ ブランド・ものづくりビジネスモデルの革新のすすめ方―戦略思考とはどういうものか(組織論篇) 構成

日本の多くの企業の「ビジネスモデル」は、成熟している。欧米に比べて低い収益率が、証拠だ。戦後の典型は、ものづくりモデルであり、およそ次のようなものだろう。自社の独自の研究と技術開発によって、他社に真似のできない差別的な機能やコスト優位のある新製品を開発し、量産優位を構築し、マスメディアを通じたブランディングとポジショニングで市場導入を行う。そして、大量の営業人員によってチャネルとの強い関係を構築し、全国への配荷率を最大化する。

オープン

JMRからの提案 EVが変える市場と競争-「拡・自動車市場」への脱成熟と自動車メーカーの脱皮

2021.10.26

JMRからの提案 EVが変える市場と競争-「拡・自動車市場」への脱成熟と自動車メーカーの脱皮

オープン

JMRからの提案 明日のクルマはどこに飛ぶのか―次世代モビリティ展望

2022.02.07

JMRからの提案 明日のクルマはどこに飛ぶのか―次世代モビリティ展望

カテゴリで関連記事を探す

価格

有料会員

イラスト効果で売上130%増の謎を解く―エモーショナルマーケティング

2022.09.27

イラスト効果で売上130%増の謎を解く―エモーショナルマーケティング

商品サービスを店頭などの接点(Point Of Purchase)で購入する際に、商品サービスへの「好き嫌いの感情」(態度)が購入を決定することがわかりました。商品サービスは、ただのモノなので通常は感情を抱きません。しかし、あるモノを介在させると、ヒトとモノとの関係が、ヒトとヒトとの関係のような感情がすべり込む余地が生まれます。

MNEXT

MNEXT 眼のつけどころ ePOPで成熟ブランドのリブランディング― 2022年春の提案

2022.01.28

MNEXT 眼のつけどころ ePOPで成熟ブランドのリブランディング― 2022年春の提案

MNEXT

MNEXT 不況を乗り切る戦略経営

2008.11.28

MNEXT 不況を乗り切る戦略経営

カテゴリで関連記事を探す

タグで関連記事を探す

ブランド

MNEXT

MNEXT 眼のつけどころ ブランド・ものづくりビジネスモデルの革新のすすめ方―戦略思考とはどういうものか(組織論篇) 構成

2017.12.25

MNEXT 眼のつけどころ ブランド・ものづくりビジネスモデルの革新のすすめ方―戦略思考とはどういうものか(組織論篇) 構成

まず、私どもの市場環境の分析、消費社会白書をご案内させていただくのですが、やはりマーケティングというのは、時代をどう捉えるかというところが毎年非常に難しい課題になります。

有料会員

感情社会の生活イノベーション エモーショナルブランディング

2022.12.12

感情社会の生活イノベーション エモーショナルブランディング

有料会員

イラスト効果で売上130%増の謎を解く―エモーショナルマーケティング

2022.09.27

イラスト効果で売上130%増の謎を解く―エモーショナルマーケティング

カテゴリで関連記事を探す

店頭・プロモーション

有料会員

イラスト効果で売上130%増の謎を解く―エモーショナルマーケティング

2022.09.27

イラスト効果で売上130%増の謎を解く―エモーショナルマーケティング

商品サービスを店頭などの接点(Point Of Purchase)で購入する際に、商品サービスへの「好き嫌いの感情」(態度)が購入を決定することがわかりました。商品サービスは、ただのモノなので通常は感情を抱きません。しかし、あるモノを介在させると、ヒトとモノとの関係が、ヒトとヒトとの関係のような感情がすべり込む余地が生まれます。

MNEXT

MNEXT 眼のつけどころ ePOPで成熟ブランドのリブランディング― 2022年春の提案

2022.01.28

MNEXT 眼のつけどころ ePOPで成熟ブランドのリブランディング― 2022年春の提案

MNEXT

MNEXT 2023年の消費と戦略経営~マーケティングの6つの革新~

2022.11.29

MNEXT 2023年の消費と戦略経営~マーケティングの6つの革新~

カテゴリで関連記事を探す

流通

有料会員

感情社会の生活イノベーション サクセスマーケティングの参考事例

2022.12.28

感情社会の生活イノベーション サクセスマーケティングの参考事例

海外の事例としてウォルマート、シャーク、日本の事例としてヤクルト、恵比寿ガーデンプレイス、カルディ、3COINSをご紹介します。

MNEXT

MNEXT 眼のつけどころ 値上げの時代の生き残りマーケティング

2022.06.10

MNEXT 眼のつけどころ 値上げの時代の生き残りマーケティング

有料会員

戦略ケース 値上げと小売業の競争 物価上昇で小売とメーカーは新競争時代に突入

2022.10.03

戦略ケース 値上げと小売業の競争 物価上昇で小売とメーカーは新競争時代に突入

カテゴリで関連記事を探す

営業

MNEXT

MNEXT 眼のつけどころ コロナ禍の訪問営業は時代遅れなのか?―「会うのが、いちばん。」

2021.02.02

MNEXT 眼のつけどころ コロナ禍の訪問営業は時代遅れなのか?―「会うのが、いちばん。」

大手消費財メーカーや金融系の営業マンは、コロナ禍で他部門よりも苦悩している。多くの企業でリストラとその動きがある。社会的距離の確保とDX(デジタルトランスフォーメーション)化が進めば、「営業は要らなくなるのでは?」。テレワークで顧客に会えないのに、営業は要るのか?

オープン

アフターコロナの営業戦略 激変市場に対応した小商圏型営業活動のすすめ

2021.04.05

アフターコロナの営業戦略 激変市場に対応した小商圏型営業活動のすすめ

有料会員

アフターコロナの営業戦略 チャネルの見極めとメーカーとの信頼関係づくり 元ヤオコー常務、大塚明氏に聞く

2021.06.11

アフターコロナの営業戦略 チャネルの見極めとメーカーとの信頼関係づくり 元ヤオコー常務、大塚明氏に聞く

カテゴリで関連記事を探す

タグで関連記事を探す

事業戦略

MNEXT

MNEXT 高収益な市場プラットフォーム事業をどう創出するか?-MSP事業創出作法 構成

2018.04.13

MNEXT 高収益な市場プラットフォーム事業をどう創出するか?-MSP事業創出作法 構成

新しいビジネスモデルへの期待が高まっている。日本企業は、ものづくりの分野では究極の域にまで達した。コスト削減は、乾いた雑巾を絞り続けている。それにも関わらず収益性は低い。たとえ日本でトップシェアを誇るメーカーでも、グローバル市場では「メダカ」に過ぎない。1兆円以上の消費財メーカーのトップでさえ、こんな思いだ。

MNEXT

MNEXT 戦略的思考とは何でしょう?

2003.07.01

MNEXT 戦略的思考とは何でしょう?

有料会員

戦略200+ 「戦略分析シート」

2022.12.14

戦略200+ 「戦略分析シート」

カテゴリで関連記事を探す

タグで関連記事を探す

組織

MNEXT

MNEXT 眼のつけどころ ブランド・ものづくりビジネスモデルの革新のすすめ方―戦略思考とはどういうものか(組織論篇) 構成

2017.12.25

MNEXT 眼のつけどころ ブランド・ものづくりビジネスモデルの革新のすすめ方―戦略思考とはどういうものか(組織論篇) 構成

日本の多くの企業の「ビジネスモデル」は、成熟している。欧米に比べて低い収益率が、証拠だ。戦後の典型は、ものづくりモデルであり、およそ次のようなものだろう。自社の独自の研究と技術開発によって、他社に真似のできない差別的な機能やコスト優位のある新製品を開発し、量産優位を構築し、マスメディアを通じたブランディングとポジショニングで市場導入を行う。

MNEXT

戦略思考を鍛える 第7章 組織心理の掴み方-戦略思考をつなぐのは組織心理

2009.02.13

戦略思考を鍛える 第7章 組織心理の掴み方-戦略思考をつなぐのは組織心理

MNEXT

MNEXT 創造的組織力の開発(1)

1993.10.01

MNEXT 創造的組織力の開発(1)

カテゴリで関連記事を探す

タグで関連記事を探す

NEWS新着

新着コンテンツ

新着一覧はこちら

企業活動分析 ゼンショーの23年3月期は主力の外食の生産性向上などで増収増益

2024.05.27

企業活動分析 ゼンショーの23年3月期は主力の外食の生産性向上などで増収増益

消費者調査データ No.407 冷菓(2024年5月版) 「ハーゲンダッツ」、「スーパーカップ」と首位分け合う

2024.05.24

消費者調査データ No.407 冷菓(2024年5月版) 「ハーゲンダッツ」、「スーパーカップ」と首位分け合う

24年3月の「商業動態統計調査」は37ヶ月ぶりのマイナスに

2024.05.23

24年3月の「商業動態統計調査」は37ヶ月ぶりのマイナスに

戦略ケース 三越伊勢丹の復活は本物か

2024.05.22

戦略ケース 三越伊勢丹の復活は本物か

24年3月の「旅行業者取扱高」は19年比で94%に

2024.05.22

24年3月の「旅行業者取扱高」は19年比で94%に

24年4月の「景気の先行き判断」は6ヶ月ぶりに50ポイント割れに

2024.05.21

24年4月の「景気の先行き判断」は6ヶ月ぶりに50ポイント割れに

24年4月の「景気の現状判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.05.21

24年4月の「景気の現状判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

企業活動分析 日清製粉グループの23年3月期は二桁の増収増益

2024.05.20

企業活動分析 日清製粉グループの23年3月期は二桁の増収増益

24年3月の「消費支出」は13ヶ月ぶりのプラス

2024.05.17

24年3月の「消費支出」は13ヶ月ぶりのプラス

24年3月の「家計収入」は18ヶ月連続のマイナス

2024.05.17

24年3月の「家計収入」は18ヶ月連続のマイナス

24年3月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は改善

2024.05.16

24年3月は「完全失業率」は横ばい、「有効求人倍率」は改善

24年2月の「現金給与総額」は26ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

2024.05.16

24年2月の「現金給与総額」は26ヶ月連続プラス、「所定外労働時間」はマイナス続く

MNEXT 未来を読むー四つの資本主義

2024.05.15

MNEXT 未来を読むー四つの資本主義

24年3月の「新設住宅着工戸数」は10ヶ月連続マイナスに

2024.05.14

24年3月の「新設住宅着工戸数」は10ヶ月連続マイナスに

企業活動分析 プリマハムの23年3月期はコスト上昇と価格転嫁の遅れで減収減益に

2024.05.13

企業活動分析 プリマハムの23年3月期はコスト上昇と価格転嫁の遅れで減収減益に

企業活動分析 伊藤ハム米久HDの23年3月期は価格改定で増収もコスト増響き減益に

2024.05.13

企業活動分析 伊藤ハム米久HDの23年3月期は価格改定で増収もコスト増響き減益に

消費者調査データ エナジードリンク(2024年5月版)首位は「モンエナ」、2位争いは三つ巴、再購入意向上位にPBがランクイン

2024.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2024年5月版)首位は「モンエナ」、2位争いは三つ巴、再購入意向上位にPBがランクイン

マーケティング用語集 日米金利差

2024.05.09

マーケティング用語集 日米金利差

24年4月の「乗用車販売台数」は4ヶ月連続の2桁マイナス

2024.05.09

24年4月の「乗用車販売台数」は4ヶ月連続の2桁マイナス

企業活動分析 ニッスイの23年3月期は売上高過去最高も原材料高や円安で減益に

2024.05.08

企業活動分析 ニッスイの23年3月期は売上高過去最高も原材料高や円安で減益に

企業活動分析 ニチレイの23年3月期は、海外中心に主力事業好調で増収増益

2024.05.08

企業活動分析 ニチレイの23年3月期は、海外中心に主力事業好調で増収増益

企業活動分析 マルハニチロの23年3月期は、売上高初の1兆円超えで増収増益に

2024.05.08

企業活動分析 マルハニチロの23年3月期は、売上高初の1兆円超えで増収増益に

成長市場を探せ クラフトジンがけん引 国産ジン、5年で3.9倍に

2024.05.07

成長市場を探せ クラフトジンがけん引 国産ジン、5年で3.9倍に

24年3月の「ファミリーレストラン売上高」は25ヶ月連続プラス

2024.04.26

24年3月の「ファミリーレストラン売上高」は25ヶ月連続プラス

24年3月の「ファーストフード売上高」は37ヶ月連続のプラスに

2024.04.26

24年3月の「ファーストフード売上高」は37ヶ月連続のプラスに

24年4月の「全国百貨店売上高」は26ヶ月連続のプラス、円安効果でインバウンドは過去最高に

2024.04.26

24年4月の「全国百貨店売上高」は26ヶ月連続のプラス、円安効果でインバウンドは過去最高に

消費からみた景気指標 24年2月は10項目が改善

2024.04.26

消費からみた景気指標 24年2月は10項目が改善

月例消費レポート 2024年4月号 消費は足許で持ち直しの動きが見られる-「いつも通り」の消費の風景が戻ってくるようになれば消費回復の見通しもより確かなものに

2024.04.25

月例消費レポート 2024年4月号 消費は足許で持ち直しの動きが見られる-「いつも通り」の消費の風景が戻ってくるようになれば消費回復の見通しもより確かなものに

24年3月の「チェーンストア売上高」は既存店で13ヶ月連続のプラス、食料品がけん引

2024.04.24

24年3月の「チェーンストア売上高」は既存店で13ヶ月連続のプラス、食料品がけん引

24年3月の「コンビニエンスストア売上高」は4ヶ月連続のプラスに

2024.04.24

24年3月の「コンビニエンスストア売上高」は4ヶ月連続のプラスに

24年3月の「広告売上高」は、4ヶ月連続のマイナス

2024.04.23

24年3月の「広告売上高」は、4ヶ月連続のマイナス

企業活動分析 カルビーの23年3月期は需要堅調もコスト高吸収できず減益に

2024.04.22

企業活動分析 カルビーの23年3月期は需要堅調もコスト高吸収できず減益に

企業活動分析 大正製薬の23年3月期はOTCなど好調で増収増益

2024.04.22

企業活動分析 大正製薬の23年3月期はOTCなど好調で増収増益

企業活動分析 亀田製菓の23年3月期は国内外好調で増収もコスト増で減益着地

2024.04.22

企業活動分析 亀田製菓の23年3月期は国内外好調で増収もコスト増で減益着地

JMR生活総合研究所 ゴールデンウイーク期間中の営業のお知らせ

2024.04.22

JMR生活総合研究所 ゴールデンウイーク期間中の営業のお知らせ

企業活動分析 森永製菓の23年3月期は、「inゼリー」等好調で2年連続最高益更新

2024.04.19

企業活動分析 森永製菓の23年3月期は、「inゼリー」等好調で2年連続最高益更新

企業活動分析 明治HD 23年3月期決算は原材料やエネルギーコスト上昇を背景に増収減益

2024.04.15

企業活動分析 明治HD 23年3月期決算は原材料やエネルギーコスト上昇を背景に増収減益

マーケティング用語集 ディマンドプルインフレ・コストプッシュインフレ

2024.04.15

マーケティング用語集 ディマンドプルインフレ・コストプッシュインフレ

成長市場を探せ ビスケット市場、4年連続プラスで初の4,000億超えに(2024年)

2024.04.12

成長市場を探せ ビスケット市場、4年連続プラスで初の4,000億超えに(2024年)

マーケティング用語集 イールドカーブ

2024.04.10

マーケティング用語集 イールドカーブ

企業活動分析 任天堂の23年3月期は主にハードウエアの売上減が響き減収減益

2024.04.08

企業活動分析 任天堂の23年3月期は主にハードウエアの売上減が響き減収減益

消費者調査データ ノンアルコール飲料(2024年4月版) 首位は「ドライゼロ」、追う「オールフリー」「のんある気分」

2024.04.05

消費者調査データ ノンアルコール飲料(2024年4月版) 首位は「ドライゼロ」、追う「オールフリー」「のんある気分」

企業活動分析 NTTの23年3月期はITサービス拡大で増収増益、過去最高更新

2024.04.04

企業活動分析 NTTの23年3月期はITサービス拡大で増収増益、過去最高更新

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 20代男性の内食志向にマッチして伸びる冷凍餃子

2024.04.02

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 20代男性の内食志向にマッチして伸びる冷凍餃子

企業活動分析 KDDIの23年3月期は法人向け好調等で増収、過去最高益更新

2024.03.29

企業活動分析 KDDIの23年3月期は法人向け好調等で増収、過去最高益更新

月例消費レポート 2024年3月号 消費は足踏み状態が長期化している-インフレ見通しや消費マインド改善などによる消費回復の後押しに期待

2024.03.28

月例消費レポート 2024年3月号 消費は足踏み状態が長期化している-インフレ見通しや消費マインド改善などによる消費回復の後押しに期待

消費者調査データ コーヒー飲料(2024年3月版)独走「BOSS」、「ジョージア」との差を広げる

2024.03.25

消費者調査データ コーヒー飲料(2024年3月版)独走「BOSS」、「ジョージア」との差を広げる

成長市場を探せ 3年連続で過去最高更新、拡大する麦茶飲料(2024年)

2024.03.18

成長市場を探せ 3年連続で過去最高更新、拡大する麦茶飲料(2024年)

企業活動分析 スギHDの23年2月期は増収減益。26年度売上1兆円へ向けた挑戦が続く

2024.03.15

企業活動分析 スギHDの23年2月期は増収減益。26年度売上1兆円へ向けた挑戦が続く

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

企業活動分析 マツキヨココカラカンパニーの23年3月期はPB商品拡販やインバウンド需要増加で増収増益

2024.03.12

企業活動分析 マツキヨココカラカンパニーの23年3月期はPB商品拡販やインバウンド需要増加で増収増益

お知らせ

2024.03.25

当社合田執筆の「猛スピードのクルマはいらない」 これからの高齢化社会に必要な“まちづくり”とは何か? そのヒントは欧米になかった!」がメルクマールに掲載されました。

新着記事

2024.04.23

24年3月の「広告売上高」は、4ヶ月連続のマイナス

2024.05.27

企業活動分析 ゼンショーの23年3月期は主力の外食の生産性向上などで増収増益

2024.05.24

消費者調査データ No.407 冷菓(2024年5月版) 「ハーゲンダッツ」、「スーパーカップ」と首位分け合う

2024.05.23

24年3月の「商業動態統計調査」は37ヶ月ぶりのマイナスに

2024.05.22

戦略ケース 三越伊勢丹の復活は本物か

2024.05.22

24年3月の「旅行業者取扱高」は19年比で94%に

2024.05.21

24年4月の「景気の現状判断」は2ヶ月連続で50ポイント割れに

2024.05.21

24年4月の「景気の先行き判断」は6ヶ月ぶりに50ポイント割れに

2024.05.20

企業活動分析 日清製粉グループの23年3月期は二桁の増収増益

週間アクセスランキング

1位 2024.05.15

MNEXT 未来を読むー四つの資本主義

2位 2024.01.18

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター おにぎりブーム到来! おにぎりが選ばれる理由とは(2024年1月)

3位 2024.03.13

戦略ケース なぜマクドナルドは値上げしても過去最高売上を更新できたのか

4位 2022.05.10

消費者調査データ エナジードリンク(2022年5月版) 「レッドブル」「モンスター」認知率拡大、上位の牙城揺るがず

5位 2023.04.05

日本人の7割はチーズ好き ぜいたくニーズに支えられ伸長

パブリシティ

2023.10.23

週刊トラベルジャーナル2023年10月23日号に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事「ラーケーションへの視点 旅の価値問い直す大事な切り口」が掲載されました。

2023.08.07

日経MJ「CM裏表」に、当社代表取締役社長 松田の執筆記事が掲載されました。サントリー ザ・プレミアム・モルツ「すず登場」篇をとりあげています。

ENGLISH ARTICLES

2023.04.17

More than 40% of convenience store customers purchase desserts. Stores trying to entice shoppers to buy desserts while they're shopping.

2023.02.22

40% of men in their 20s are interested in skincare! Men's beauty expanding with awareness approaching that of women

2022.11.14

Frozen Foods' Benefits Are Expanding, and Child-raising Women Are Driving Demand

2022.09.12

The Penetration of Premium Beer, and a Polarization of the Growing Beer Market

2022.06.20

6.9 Trillion Yen Market Created By Women― Will Afternoon Tea save the luxury hotels in the Tokyo Metropolitan Area