半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2022年01月20日

経験財化で市場拡大目指すKINTO
―自動車サブスクの新しいカタチ
ビジネス・ディベロップメント・マネジャー 舩木龍三


全文の閲覧には無料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインして全文をご利用ください。

順調に利用者数を増やすKINTO

 トヨタ自動車が展開する自動車サブスクサービス「KINTO」が順調に利用者数を伸ばしている。2019年末には約1,000人しかいなかったが、2020年に累計約12,300人、2021年に入っても好調で6月時点で約2万人である。月間1,000人以上の利用者獲得である。

 ユーザーは個人が84%、法人16%。男性が77%を占め、40才未満が43%を占める。また、40歳以上の各年代でも多く、バランスのとれた構成になっている(図表1)。

図表1.KINTO会員の年代別構成比
KINTO会員の年代別構成比


 申し込みはWEB経由が約6割、販売店経由が約4割だ。

 まだまだ利用者数は少ないが、認知率は52%と他社を圧倒する(2位はホンダ・マンスリーオーナーの13%。スパコロ調査2020年12月)。


利用者数拡大の軌跡

 本格的サービス開始年(2019年7月)の年末で利用者数は約1,000人に過ぎなかった。2020年以降、利用者数が増えた理由は、「お客様からのご要望をもとにサービス内容を拡大・改善を行ってきており、2020年の車種拡大、5年/7年プランの追加、若年向けのマス広告がきっかけで実績を伸ばしています」(KINTO広報)という。

 具体的な取り組みは、以下のとおりだ。

2020年1月

取り扱い車種をトヨタ6車種から、トヨタ23車種・レクサス8車種に拡大

同時に法人受付開始

2020年4月

ターゲットを若年層においたTVCMを展開、21年5月から「やっぱクルマいいな」というコピーを使用

2020年5月

5年/7年プランを追加

契約期間中に割安な手数料で新しいクルマに乗り換えることができるサービス「のりかえGO」開始

2020年11月

KINTO初の専用車「KINTOツーリングセレクション」を取扱い

2021年4月

クルマライフを楽しむ「モビリティ―マーケット」開始

2021年6月

GRヤリス「モリゾウセレクション」を発表(KINTO限定)

2021年9月

KINTOで利用中のクルマを、家族や友人など仲間同士でシェアできる「わりかんKINTO」開始

予約、わりかん、実績管理、チャット機能をもつ専用アプリをリリース

 こうした取り組みの結果、2020年6月以降、月1,000人以上の利用者増加が続いている。

 「クルマのサブスク・個人カーリース市場が日本ではまだまだ小さいため、マーケットを拡大していくためにサービス認知と理解を広げていく必要があります。今後クルマの買い方の選択肢のひとつにサブスクも入り、ご検討いただけるようになることが当面の課題です」(KINTO広報)と、今後一層の市場拡大を目指している。


続きを読む
「他社サービスとの差別化ポイント」

続きを読むには無料の会員登録が必要です。

「消費社会白書2022」のご案内

消費社会白書2022 コロナからの、KAITOU
書籍イメージ

コロナで消費マインドは凍結してしまいました。
コロナに今どんな回答(KAITOU)をすればいいのか?どんな解答(KAITOU)があり、どんな解凍(KAITOU)の方法があるのか?
独自消費者調査の結果から、事実を提示し、みなさんに少しでもヒントを提供できればと存じます。

本書で網羅しきれなかった約100の設問を、性別や年代、ライフステージなど12の基本属性を軸に集計した基本集計表も販売中です。


参照コンテンツ


自動車業界の戦略を読む


業界の業績と戦略を比較分析する


おすすめ新着記事

強い「ハーゲンダッツ」、ファンつかむPB
強い「ハーゲンダッツ」、ファンつかむPB

家計調査によると、2021年の冷菓の支出金額は2年連続で1万円を超え、食糧費に占める割合も2年連続で過去最高となった。調査結果を見ると、店頭接触や購入経験など複数の項目で「ハーゲンダッツ」が首位に。特に3ヶ月以内購入では2位の「チョコモナカジャンボ」に9.7ポイント、今後の購入意向でも同じく「チョコモナカジャンボ」に9.3ポイントの差をつけた。

人種のるつぼ「川口市」 
人種のるつぼ「川口市」 "本当に住みやすい街"は流通戦略の新たなモデルケース

テレワークの定着で職住分離が進み、生活者のライフスタイルが変化。それに伴い、人気のエリアも変わってきている。なかでも注目の街が、東京都北区に隣接する埼玉県川口市だ。川口市は、2021年度の税収が当初見込みより34億円上回る943億円になることを発表。コロナ禍で税収が落ち込む自治体が多いなか、バブル期以来の増額補正となった。買い物面では、都市型店舗と郊外型店舗が同居する"買住近接"エリアだ。居住者も多様で、ファミリーからシニア、日本人と外国人など、様々なライフスタイルが共存。多様性の街「川口市」には、今後の流通戦略のヒントを見出すことができる。

5G(第5世代移動通信システム)
5G(第5世代移動通信システム)

5Gとは「第5世代移動通信システム(5th Generation)」のことで、通信規格の名称。現在の「4G」に続く最新の規格で、日本では2020年3月から商用化が開始された。4K/8Kの高精細映像などの大容量コンテンツの伝送や、自動運転や遠隔ロボットへの活用、IoTの普及などが期待されている。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.