日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
味の素株式会社(2018年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2018年3月期決算の総括

味の素の2018年度3月期の連結決算は売上高1兆1,502億円(前年同期比5.4%増)、事業利益は973億円(同0.5%増)と、増収ながら利益は横ばいとなった。セグメント別にみると、日本食品セグメントの売上高は3,841億円(同1.6%減)と減収。原因としては、家庭用コーヒーの市場の縮小とそれに伴う競争の激化が挙げられる。海外食品セグメントは、調味料・加工食品や冷凍食品の売上増加に加え、為替の影響がプラスに作用し、売上高は4,647億円(同8.3%増)となった。ライフサポートセグメントは1,342億円(同8.2%増)と増収となった。動物栄養分野では、換算為替影響に加え、トリプトファン及び「AjiPro(R)-L」が大幅増収となったほか、化成品分野においても香粧品素材、ケミカルも売上を伸ばした。ヘルスケアセグメントの売上高は1,042億円(同16.5%増)と大幅な増収となった。医療用・食料用アミノ酸及び機能性表示食品等のサプリメント事業や、製薬カスタムサービスが大幅な増収を実現した。現状、主要原材料費の高騰等の逆風が強く、「FIT&GROW with Specialty」を継承 し、土台となる「経営基盤の強化」にも取り組むべき17-19中計に対しては、1年遅れの進捗を余儀なくされている。2018年度は、国内・海外グループ会社の構造課題解決を重点化し、修正した成長戦略を推進。本格化する国内生産工場の集約やコーポレート部門の効率化に取り組み、2020年度に向け挽回していく方針である。



【最新版 2019.03.19 更新】
味の素
企業活動分析
更新状況
00年 01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年 09年
- -
10年 11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年 18年
- - -
戦略200+・企業活動分析「味の素」
戦略200+・企業活動分析


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>エナジードリンク<br>3強ブランドが上位独占
消費者調査データ
エナジードリンク
3強ブランドが上位独占

エナジードリンクの市場はここ2年間で伸び率はやや落ち着いたものの、成長を続けている。今回の調査でも、「リアルゴールド」「レッドブル」「モンスターエナジー」が上位を独占。これらブランドの3ヶ月以内購入率は5%前後とユーザー層は限定的だが、市場には新規参入も相次いでいる。少ないパイを奪い合う今後の市場動向から目が離せない。

戦略ケース<br>アパレル業界のD2Cを牽引<br>オンワード樫山「KASHIYAMA the Smart Tailor」
戦略ケース
アパレル業界のD2Cを牽引
オンワード樫山「KASHIYAMA the Smart Tailor」

アパレル業界のEC化が進む中、オーダースーツを最新技術と融合させてヒットしている「KASHIYAMA the Smart Tailor」。敷居が高いイメージがあるが、同ブランドは「3万円~、1週間で届く」が武器だ。加えてEC化への対応、顧客満足度を高める仕組みづくりなどに注力した結果、若いスマホ世代の取り込みに成功。市場の課題である顧客の若返りにも寄与している。

MNEXT 眼のつけどころ<br>次の時代のマーケティング戦略を考える<br>(2)ネットが変えるプロモーション、流通チャネル政策(2019年)
MNEXT 眼のつけどころ
次の時代のマーケティング戦略を考える
(2)ネットが変えるプロモーション、流通チャネル政策(2019年)

プロモーションのあり方が大きく変わっている。スマホの普及により、プロモーションの鍵は、マス広告の投入から、メディアの相互作用の利用に移った。口コミや店頭、マスメディア、SNSなど異なる信頼性の異なるメディアを活用し、その相互作用によって多くの人々と接点を持ち、売りを完結させる仕組みをつくることだ。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.