半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
製品ラインにおける価格設定
製品ラインにおける価格設定

 通常、ひとつの製品しか販売している企業は少なく、複数の製品を扱っていることの方が一般的です。製品ラインにおける価格設定とは、取り扱う複数の製品価格を個々に設定するのではなく、扱う製品全体の利益が最大となるような価格設定をすることを意味します。製品ラインにおける価格設定は、抱き合わせ価格戦略、キャプティブ価格戦略、プライス・ライニング戦略の三つに分類されます。


抱き合わせ価格戦略

 抱き合わせ価格戦略とは取り扱っている複数の製品やサービスを組み合わせ、単品で購入するよりも安い価格設定をすることです。売り手にとっては、在庫処分することや、販売する手間を削減することができます。しかし、消費者にとっては1回の購入金額が単品ごとに購入するより高くなるので、安いことが実感できるだけの単品あたりの値引きをしないと効果がありません。

 抱き合わせ価格戦略の例としては、アトラクション料金が含まれたテーマパークの入場料や朝食つきの宿泊パック、アプリケーションがインストールされたパソコンなどがあります。


キャプティブ価格戦略

 キャプティブ(Captive)とは、「捕虜、とりこ」という意味があります。キャプティブ価格戦略とは主製品の価格を安く設定し購入させることで「捕虜」を獲得し、附随製品の価格を相対的に高く設定することで利益を得ることです。

 キャプティブ価格戦略を取ると、主製品を安く設定しているので消費者へのアピールがしやすく、購入者がそのまま固定客(=捕虜)になります。さらに附随製品を購入してもらうことで長期・安定的に収益をあげることができます。

 キャプティブ格戦略の例としては、ラスベガスのホテルの宿泊料金が有名です。ラスベガスのホテルは部屋の広さ、豪華さに比べると格段に安く宿泊料金が設定されています。これは、宿泊料金から利益を得なくてもカジノで利益を得れば良いと考えているからです。


プライス・ライニング戦略

 プライス・ライニング戦略はマーケティング用語集「プライス・ライニング」をご参照下さい。



参照コンテンツ


関連用語


おすすめ新着記事

暮らしに寄り添う再開発計画 池袋はコロナ禍でも安心な「都市のリビング」
暮らしに寄り添う再開発計画 池袋はコロナ禍でも安心な「都市のリビング」

豊島区は「公園が街を変える!」というスローガンのもと、池袋周辺の四つの公園の整備を行ってきました。それが、まるでコロナ禍を予期していたかのように屋外を活かしたものになっているのです。今回は、そんな公園を中心とした再開発にスポットを当てた安心安全な街づくりに注目します。

「消滅可能性都市」から緑豊かな「国際アート・カルチャー都市」へ!池袋は今、魅力爆上がりタウンに大変身中!(前編)
「消滅可能性都市」から緑豊かな「国際アート・カルチャー都市」へ!池袋は今、魅力爆上がりタウンに大変身中!(前編)

何かとカオスでダークなイメージがつきまとう街、池袋。しかし2014年、豊島区が「消滅可能性都市」に選ばれたことをきっかけに、官民挙げての再開発プロジェクトが発足。今回は新たに「まち全体が舞台の誰もが主役になれる劇場都市」へと生まれ変わった池袋を訪ねました。

強い「チョコレート効果」、リピート意向高い機能訴求商品
強い「チョコレート効果」、リピート意向高い機能訴求商品

2020年はコロナ禍の巣ごもり消費でチョコレートの需要が伸びた。今回の調査では、前回同様に「チョコレート効果」(明治)が複数項目で首位を獲得、強さを見せつけた。チョコレートの一大需要期であるバレンタイン商戦も、今年はステイホームやECへのシフトなどで大きく様変わりする可能性が高い。生活環境が大きく変化する中での競争の行方が注目される。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

採用情報
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.