半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2022年02月10日

戦略200+・企業活動分析
任天堂株式会社
21年3月期は大幅増益。「あつ森」などがハード販売拡大に寄与
2021年3月期決算の総括

任天堂の2021年3月期の連結決算は、売上高1兆7,589億円(前年同期比34.4%増)、営業利益6,406億円(同81.8%増)、経常利益6,789億円(同88.4%増)と増収増益であった。Nintendo Switchソフトウェアの販売好調が、ハードウェアの販売拡大に大きく貢献。ハードウェア販売台数は2,883万台(前年同期比37.1%増)、ソフトウェアの販売本数は2億3,088万本(同36.8%増)となり、ゲーム専用機ビジネスの売上高は、同35.6%増の1兆7,000億円となった。特に、前期までに発売したタイトルが引き続き販売を伸ばし、『あつまれ どうぶつの森』が2,085万本(累計販売本数3,263万本)、『マリオカート8 デラックス』が1,062万本(同3,539万本)、『リングフィット アドベンチャー』が738万本(同1,011万本)を記録。「スーパーマリオブラザーズ35周年」のキャンペーンタイトルとして当期に発売した『スーパーマリオ 3Dコレクション』と『スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド』がそれぞれ901万本、559万本の販売となった。引き続き「任天堂IPに触れる人口の拡大」を基本戦略とし、「ゲーム専用機ビジネス」「モバイルビジネス」「IP展開ビジネス」をそれぞれの特性や成長性に沿った形で伸ばしていく。今後も時代に合わせて柔軟に自らを変化させ、「娯楽は他と違うからこそ価値がある」という「独創」の精神を大切にし、お客様に良い意味で驚いていただける商品やサービスを提供し続ける。


企業活動分析レポートのダウンロードには有料の会員登録が必要です。
レポートでは企業の戦略や活動を当社独自のフレームに沿って時系列で整理しています。競合比較や業界分析などに幅広くご活用いただけます。

分析レポートのサンプルを見る

分析レポートのダウンロード


バックナンバー
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ

企業活動分析 サンプルのご案内

当コンテンツの全体像をより具体的にイメージしていただけるように、掲載中の239社の中から1社を抜粋してサンプルとしてご用意いたしました。下記よりご利用下さい。


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.