半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年03月16日

特集:コロナ禍の消費を読む 消費動向速報
基礎的支出の落ち込みは一時的、選択的支出では改善の裾野拡がる
主任研究員 菅野守


図表の閲覧には有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインしてお読みください。

 コロナ禍で、消費動向が変化しています。その変化をいち早く把握し、ビジネスに役立てるために、官公庁などが発表する統計データから気になる動向をご紹介します。


基礎的支出はマイナスへと大きく落ち込み、消費支出に対する基礎的支出の構成比も低下に転じている。
基礎的支出で最近悪化している品目は、コロナ感染再拡大により家計で自粛の対象となったものが目立つ。ただ今後、そうした悪影響がなくなっていくと考えられるため、基礎的支出の落ち込みは一時的なものに止まるだろう。
選択的支出では、クルマ関連支出や教育関連サービス支出に止まらず、ペット関連支出、理美容関連支出、コンテンツ関連支出、家事の効率化や外部化のための支出などへと、支出改善の領域が拡がりつつある。

1.選択的支出よりも大きく悪化した基礎的支出

 選択的支出の伸びは、マイナスに沈んだまま伸び率も低下し続けている。2021年1月には、基礎的支出もマイナスへと大きく落ち込んだ(図表1)。


図表1.基礎的支出と選択的支出の前年同月比伸び率の推移

ログインして図表をみる


 その結果、2020年10月を底に上昇を続けてきた基礎的支出の構成比も、2021年1月には低下に転じている(図表2)。


図表2.基礎的支出と選択的支出の構成比の推移

ログインして図表をみる


2.コロナ感染再拡大の影響が色濃く表れた基礎的支出の悪化の動き

 基礎的支出で最近悪化がみられる品目には、2020年11月以降のコロナ感染再拡大により、家計で自粛の対象となったものが目立つ。

 図表3では、2021年1月に前年同月比伸び率の値が-5%以下となった計13項目について、2020年11月から2021年1月にかけての伸び率の推移を分類し列挙している。


図表3.基礎的支出で最近悪化がみられた項目

ログインして図表をみる


 2020年12月はプラスだったが2021年1月にはマイナスに転じているのは「贈与金」(香典、見舞金、謝礼金、祝儀など)、「他の工事費」(板ガラス取替代、サッシ修理代、エアコン取付代など)、「すし(外食)」、「信仰・祭祀費」(教会献金 、宗教団体の会費、さい銭など)、「医療保険料」、「歯科診療代」、「公営家賃」の7項目である。

 2020年12月以降、最近2ヶ月間連続してマイナスとなっているのは「設備器具」、「他の入院料」(出産入院料以外の入院料すべてを含む)の2項目である。

 2020年11月以降、最近3ヶ月間に一貫してマイナスが続いているのは「ガソリン」、「医科診療代」、「他の菓子」(こんにゃくゼリー、かりんとう、チューイングガムなど)、「他の和生菓子」(大福餅、くず餅、どら焼など)の4項目である。

 これら13項目のうち、「ガソリン」での支出減少は、クルマでの外出自粛の影響が出ているものと思われる。「すし(外食)」での支出減少も、飲食店での営業時短強化や外食自粛などの影響といえる。「医科診療代」「他の入院料」「歯科診療代」などでの支出減少は、医療現場が逼迫化した中でコロナ以外の病気での入院・手術等の先送りや、医療機関への受診自粛などの影響が出た可能性は高そうだ。「贈与金」「信仰・祭祀費」などでの支出減少は、初詣や挨拶回りなどの自粛と考えられる。

 ただ、こうしたコロナ感染再拡大による悪影響は、緊急事態宣言の解除後、無くなっていくものと予想される。その意味で、基礎的支出の落ち込みは、一時的なものに止まると目される。


3.改善の裾野の拡がりがみられる選択的支出

 選択的支出では、これまで伸びを続けてきたクルマ関連支出や教育関連サービス支出に止まらず、ペット関連支出、理美容関連支出、コンテンツ関連支出、家事の効率化や外部化のための支出などへと、支出改善の領域が広がりつつある。

 2020年11月以降一貫してプラスが続いているのは「ペット・他のペット用品」(ペットフード以外のすべてを含む)、「自動車等関連用品」、「他の仕送り金」(国内遊学仕送り金以外の、生活補助を目的とした仕送り金)、「高校補習教育・予備校」、「授業料等:私立大学」、「布団」、「浴用・洗顔石けん」、「住宅関係負担費」、「他の教養娯楽用品のその他」(カメラ・デジタルカメラ付属品、バレエや日本舞踊などの舞台用衣装など)、「化粧クリーム」、「インターネット接続料」、「他の自動車等関連サービス」(車検印紙代、運転免許試験手数料など)の計12項目である。

 2020年12月以降、最近2ヶ月間連続してプラスとなっているのは「動物病院代」、「授業料等:私立高校」、「書籍」の計3項目である。2020年12月はマイナスだったが2021年1月にはプラスに転じているのは「電気洗濯機」「植木・庭手入れ代」「自動車教習料」「自動車購入」「自動車等部品」の計5項目である。

 図表4は、2019年11月~2020年1月と2020年11月~2021年1月の計6ヶ月の間に1回以上、月あたり支出金額が500円以上となったものを対象に、2021年1月における前年同月比伸び率の値が+5%以上となった計20項目を選別の上、分類し列挙している。


図表4.選択的支出で最近改善がみられた項目

ログインして図表をみる


 計20項目のうち、「自動車購入」「自動車等部品」「自動車等関連用品」「自動車教習料」「他の自動車等関連サービス」の5項目はクルマ関連支出であり、「高校補習教育・予備校」、「授業料等:私立大学」「授業料等:私立高校」の3項目は教育関連サービス支出である。クルマ関連支出や教育関連サービス支出は、前回に引き続き支出が伸びているものである。

 残りの12項目のうち、「ペット・他のペット用品」「動物病院代」の2項目はペット関連支出、「浴用・洗顔石けん」「化粧クリーム」の2項目は理美容関連支出、「インターネット接続料」「書籍」の2項目はコンテンツ関連支出、「電気洗濯機」「植木・庭手入れ代」の2項目は、家事の効率化や外部化の支出である。これら8項目は、支出の伸びが顕著なことが、今回新たに確認されたものである。

 このように選択的支出では、改善の裾野の拡がりがみられる。



特集:コロナ禍の消費を読む


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

今治.夢スポーツ  「スポーツが日本の未来にできること」を求めて、岡田武史氏の挑戦
今治.夢スポーツ 「スポーツが日本の未来にできること」を求めて、岡田武史氏の挑戦

元サッカー日本代表監督 岡田武史氏がオーナーを務める「今治.夢スポーツ」は、サッカーJ3のFC今治の運営を中心に、教育や地域貢献などさまざまな事業を手がけている。本稿では、電通でFIFAワールドカップなどの国際大会に携わった経歴をもつ筆者が、岡田氏や関係者に直接取材。単なる地域創生にとどまらない壮大な「今治モデル」構想のエッセンスを紹介する。

コロナ下でも堅調続く「マクドナルド」
コロナ下でも堅調続く「マクドナルド」

コロナで外食全体が不振に陥っている中、ファーストフード業態は前年比96.3%と減少幅が小さい。今回の調査で印象的なのが「マクドナルド」の盤石さだ。主要な項目で2位以下を15~20ポイント引き離している。逆に順位を落としたのが、繁華街などに立地するファストカジュアルのチェーンだ。

アフターコロナの営業戦略 激変市場に対応した小商圏型営業活動のすすめ
アフターコロナの営業戦略 激変市場に対応した小商圏型営業活動のすすめ

コロナ禍で消費者の生活スタイル、購買行動が大きく変化し、これまでの営業は非効率になっています。これから狙うべき好立地は、「都心高級マンションエリア」と、都心に通勤していた人が居住する「郊外エリア」のふたつです。本稿では、エリア軸を組み入れて、コロナ禍に対応した新しい営業スタイルや営業資源の配分方法などについて紹介します。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


採用情報
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.