日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2020年03月19日



「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 特別編
新型コロナウイルスのインパクト!
コロナは購買行動にどのような影響を与えた!?



本コンテンツは「食と生活」のマンスリー・ニュースレター特別編としてお送りしています。本調査の詳細集計表もご用意しています。ぜひご利用下さい。

 2020年1月に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内での初感染が発覚して2ヶ月、国内の累計感染者数は866人(3月18日時点)となった。

 感染症対策商品が売れる中、マスクや消毒用アルコールなどの品薄は未だ改善の見通しが立っていない。

 今回は「食と生活」のマンスリー・ニュースレター特別編として、新型コロナウイルスの発生が生活者の購買行動にどのような影響を及ぼしているのか調査した。

 調査票では食品や日用品など41品目を挙げ、「最近3ヶ月以内に購入した」「2ヶ月以降に購入頻度・量が増えたもの」「2月以降に品切れで購入できなかったもの」などについて質問している。


「買えなかった」はマスクがダントツ

 まず、「感染症対策を意識して購入頻度を増やした」商品についてみてみる(図表1)。食品では「インスタントめん」(8.9%)、「米」(6.5%)が上位であった。日用品では「マスク」(12.9%)、「トイレットペーパー」(9.7%)などの衛生関連商品が上位を占めている。

 次に、「2月以降買いたかったけれども品切れで購入できなかった」商品についてみてみる。食品では「納豆」(2.2%)や「米」(1.4%)など、「買えなかった」とする回答は多くなかった。一方日用品では、「マスク」(39.3%)、「トイレットペーパー」(14.9%)、「消毒スプレー」(13.9%)など、品薄が叫ばれている商品が上位に入った。

 こうした日用品、特に「マスク」は感染症対策ニーズに反して、品切れのため実際の購入には結びついていない様子がうかがえる。

図表1.



"休園・休校対応"に追われる家庭、在宅勤務者は内食傾向

 ここでは、感染拡大抑制のための施策実施別に、「購入を増やした」品目をみていく(図表2)。

 まず、在園・在学中の子供がいる人のうち「子供が休園・休校になった」人は、食品では「インスタントめん」(14.7%)、「米」(12.2%)の購入を増やしていることがわかった。これらの品目は全体と比べても6ポイント程度高くなっており、平日の日中に子供が家にいることで消費量が増えていると考えられる。

 日用品で増えているのは「トイレットペーパー」(14.1%)、「うがい薬」(12.8%)が上位で、全体との差はほぼ見られなかった。

 また図示していないが、「子供が休園・休校になった」人は、最近3ヶ月以内の「マスク」購入率が47.4%と全体よりも11.3ポイント高い。同様に「アオサなどの海藻類」「納豆」「ヤクルトなどの乳酸菌製品」などの購入率も5~10ポイント程度高い。自身だけなく、家族の体調管理を意識した購入と考えられる。

 次に、有職者のうち「テレワーク・在宅勤務を実施している」人についても同様にみていく。食品では「米」(14.3%)がもっとも高く、次いで「精肉、鮮魚」(10.7%)という結果であった。全体と比較すると「米」(全体+7.8ポイント)、「アオサなどの海藻類」(全体+5.4ポイント)で差が大きい。

 「インスタントめん」「冷凍食品」などが上位入りした「子供が休園・休校になった」人に比べ、内食傾向にあることがうかがえる。日用品では「うがい薬」(15.5%)がもっとも高い。全体との比較ではマスクで+4.8ポイントと若干高くなっている。

図表2.



 消費者の間に予防意識が浸透したことで、衛生関連商品が売れている。また、人混みでの感染リスクを避けるため、企業はテレワークを推進している。今回の新型コロナウイルスをきっかけに、こうした新たな生活様式・働き方が浸透し、中長期的に消費者の購買行動にも変化をもたらすことになりそうだ。


調査設計

調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2020年3月13日(金)~3月17日(火)
調査対象者:当社インターネットモニター
      全国の男女個人、20歳~69歳
有効回収サンプル数:1,023サンプル

クロス集計表ダウンロード

今回提示した41品目について、「3ヶ月以内購入」「購入頻度・量の増加」「2月以降品切れで買えなかったもの」の三つの質問を「性別」「ライフステージ」「休園・休校」「リモートワーク・在宅勤務」の属性別にクロス集計した詳細表です。

ダウンロードには有料の会員登録が必要です。
ダウンロード

最新バックナンバー


特集:コロナ禍の消費を読む


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

酒税改正でどうなる!?家呑みカテゴリー間競争
酒税改正でどうなる!?家呑みカテゴリー間競争

10月1日に酒税が改正され、ビールは減税、発泡酒は増税となった。この改正が、アルコール飲料の飲み方にどのような影響を与えているのか。今回の調査では、カテゴリー別の飲用頻度の増減など、お酒の飲み方の変化を探った。

「アタックZERO」、全項目でトップに
「アタックZERO」、全項目でトップに

今回の調査では、「アタックZERO(花王)」が全項目で首位を獲得した。2位とは広告接触で13.3ポイント差、店頭接触で13.7ポイント差となっており、積極的な広告出稿や店頭露出が発売後1年半にして68.8%という高い認知に結びついていると考えられる。「アタックZERO」の2020年9月中旬までの累計出荷本数は、1億5,000万本以上(本体ボトル換算)と大ヒットを記録しており、高い洗浄力や、1プッシュが1回分など、わかりやすい特徴が受け入れられているとみられる。

「UNIQLO TOKYO」「和光本館」「SEIKO MUSEUM」...新名所登場で賑わい取り戻す銀座の今
「UNIQLO TOKYO」「和光本館」「SEIKO MUSEUM」...新名所登場で賑わい取り戻す銀座の今

銀ブラの象徴、ホコ天が再開したのは6月中旬。徐々に賑わいが戻ってきたところに相次ぎオープンしたのが「UNIQLO TOKYO」と「和光本館」「セイコーミュージアム」でした。今回はそんな新スポットを訪ね、活気を取り戻した銀座の"今"をお伝えします。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2020 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.