半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マーケティング用語集
5G(第5世代移動通信システム)


5Gとは

 5Gとは「第5世代移動通信システム(5th Generation)」のことで、通信規格の名称。1979年に登場した「1G」から現在の「4G」に続く最新の規格で、日本では2020年3月から商用化が開始された。

 総務省は5Gの要求条件を以下のように定めている。

  1. 超高速通信
    下り最大20Gbps、上り最大10Gbps(4Gの10倍以上)
  2. 超低遅延通信
    遅延1ms程度(4Gの10分の1程度)
  3. 多数同時接続
    1km2あたり100万台程度(4Gの10倍)

 これにより4K/8Kの高精細映像などの大容量コンテンツの伝送や、自動運転や遠隔ロボットへの活用、IoTの普及などが期待されている。


普及遅れる5G

 総務省は「デジタル田園都市国家インフラ整備計画」(2022年3月)の中で、5G対応エリアの目安である人口カバー率を、2020年度末の30%から2023年度末には95%まで引き上げることを目標に掲げている。

 携帯電話事業者各社も基地局整備を加速させており、ソフトバンクは2022年4月にカバー率90%を突破したことを発表した。

 しかし実態は普及には程遠い。各社のカバー率には、前世代の規格である4Gの周波数帯を転用した、いわゆる「なんちゃって5G」も含まれるためだ。

 一般に、電波の周波数が高いほど一度に大容量のデータが伝送できるので、通信速度が速くなる。日本国内で5G専用の周波数として割り当てられているのがSub6と呼ばれる3.7GHz帯、4.5GHz帯、そしてミリ波と呼ばれる超高速通信の28GHz帯の三つの帯域である。一方、4Gは700~900MHz帯や1.5GHz~3.5GHz帯を利用しており、これらの周波数帯の転用では5G本来の速度的なメリットが享受できない。

 こうした転用を「5G」と呼称することに対して優良誤認*1に当たるとの見解や、同じ周波数帯に4Gと5Gが同居するため、既存の4G利用者の通信品質が低下する可能性も指摘されている。5Gエリアから4Gエリアに切り替わる際に通信が止まる「パケ止まり」も無視できない問題だ。

 それでもKDDIやソフトバンクが4G転用を進める背景には、少しでもカバー率を高め、利用者に「5G対応」をアピールしたい思惑がある。

 5G SA(5Gスタンドアローン、5G単独での運用)方式は、その高い周波数帯の特性から電波が遠くまで届きづらく遮蔽物にも弱いため、狭いエリアでしか使えない。これは、超高速通信のミリ波で顕著である。現在の4Gと同等のエリアをカバーするには、より多くの基地局を整備する必要があり、多大なコストと時間がかかる。一方4Gの転用では既存の設備を使える上、電波の問題もないため、より迅速に「5G」を普及させることができる。

 これまで5G SAにこだわる姿勢を堅持してきたドコモも、カバー率で他社に遅れをとっていることから2022年3月、4G転用へ方針転換。2024年3月までに人口カバー率90%を目指すとしている。

 「本当の5G」の普及には、まだまだ時間がかかりそうだ。



関連用語


参照コンテンツ


おすすめ新着記事

浸透するプレミアムビール、進むビール市場の分解
浸透するプレミアムビール、進むビール市場の分解

コロナ禍での家飲み需要に対応するように、メーカー各社も新商品やリニューアル品を積極的に投入している。今回は、その中でもとりわけ活況なのプレミアムビールに着目して調査を行った。飲用頻度ではレギュラービールの3分の2にとどまるが、コロナ禍以前と比較すると着実に飲用率を伸ばしている。需要をけん引するのは、アッパー層やビールへの高関心層だ。

星野リゾート進出が変えた「豊島区大塚」 ―官民連携で地域活性化の好事例
星野リゾート進出が変えた「豊島区大塚」 ―官民連携で地域活性化の好事例

都心再開発の多くが完工する2030年頃にかけて、人の流れが大きく変化します。「豊島区大塚」もそのひとつで、官民一体の街づくりによって新たな観光スポットに生まれ変わりました。そもそも大塚といえば、良く言えば下町レトロ、、悪く言えばちょっといかがわしい街のイメージ。それが、2018年の星野リゾート進出によって一変しました。エリアマーケティングでは、大塚のような官民一体型の地域活性策も重要になってくるでしょう。

コロナ下でも強い「ビオレUV」、再購入意向は「スキンアクア」
コロナ下でも強い「ビオレUV」、再購入意向は「スキンアクア」

2年連続で大幅縮小したサンケア市場。今年は、コロナ禍での規制緩和により外出機運も高まっており、再成長が期待されている。今回の調査も、過去同様「ビオレUV」が6項目で首位を獲得、盤石の強さをみせた。唯一首位を譲ったのが再購入意向で、「スキンアクア」が87%と圧倒的支持を獲得。各社も花粉ブロックやホワイトニングなど付加価値製品を投入しており、夏を目前にあつい戦いが予想される。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


マーケティング用語集

採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.