日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
カゴメ株式会社(2018年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2017年12月期決算の総括
カゴメの2017年12月期の連結決算は、売上高2,142億円(前年同期比5.8%増)、営業利益120億円(同10.1%増)と増収増益となった。売上高については、国内事業において主力の飲料事業の販売が好調に推移したことなどで増収となった。利益面では、主に国内事業における売上増加に加え、販促費の効率的な活用など、収益構造の改革に取り組んだことなどで増益を確保した。セグメント別にみると、国内事業は、新しい提供価値の開拓を図ることで野菜飲料全体の需要を喚起し増収増益。食品はトマトケチャップが需要喚起活動により堅調に販売が推移、通販品が主力飲料である「つぶより野菜」やサプリメント類が好調に推移した結果、増収増益となった。農事業については、主力の生鮮トマトが、高付加価値商品の販売注力により出荷量は増加したものの、年間を通じた市況悪化により売上高は減少し営業損失となった。新たな柱として育成しているベビーリーフの新商品を販売開始したが、当事業は減収減益となった。海外事業については、KAGOME INC.(米国)が取引時期 を変更したことによる一時的なグループ内売上の減少があり減収、またKagome Australia Pty Ltd. (豪州)が、天候不良の影響を受け主要原材料である生トマトの収穫量が 大幅に減少、当事業は減収減益となった。 中期経営計画の最終年度となる2018年度は、課題が残った国内農事業、国際事業を立て直して利益体質への転換をより一層進め、2025年のカゴメ像「食を通じて社会問題の解決に取り組み、持続的に成長できる強い企業」に向けて、「トマトの会社に加え、野菜の会社」となるべく事業領域を拡大、持続的成長に向けた収益獲得基盤の強化を目指す。

【最新版 2018.10.04 更新】
カゴメ
企業活動分析
更新状況
01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年 09年 10年
11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年 18年

企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>平成の31年間で印象に残ったもの
消費者調査データ
平成の31年間で印象に残ったもの

31年にわたった平成も、残り3ヶ月を切った。平成とは、どんな時代だったのか。平成の31年間に起った出来事49件から、「印象に残ったもの」を上位3位まで選んでもらった。もっとも得票数が多かったのが「東日本大震災」で、4割の人が印象に残った出来事の1位に挙げた。震災から8年が経つ今日でも、そのインパクトの大きさがうかがえる。

MNEXT<br>第12回 ネクスト戦略ワークショップ 講演録<br>情報的マーケティングへの革新
MNEXT
第12回 ネクスト戦略ワークショップ 講演録
情報的マーケティングへの革新

現代人の消費行動には、あらゆる場面でネット情報が影響している。これまで人間の欲求は、店頭などで商品に触れたときに生まれると思われてきた。しかし現代ではネットの中で欲求が生まれている。消費者のネット情報依存が浮き彫りとなった現代では、新しいマーケティングのフレームが要求される。従来からの4Pでも、デジタルマーケティングでもない。ここで提案したいのは、それらを統合した「情報的マーケティング」だ。

消費者調査データ<br>チョコレート(2019年2月版)<br>健康やこだわりの大人向けチョコに根強いファン
消費者調査データ
チョコレート(2019年2月版)
健康やこだわりの大人向けチョコに根強いファン

7年連続で過去最高を更新するなど、拡大を続けるチョコレート市場。今回の調査でも「明治ミルクチョコレート」などロングセラーブランドが上位に並んだ。一方再購入意向では、健康やこだわりを前面に押し出した商品が並ぶ。需要の最盛期を迎え、ルビーチョコレートなどの新たなトレンドとなりうるアイテムも登場してきている。市場の新たな起爆剤となるかに注目だ。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.