半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2020年10月29日

気になるあの街に行ってみた! Vol.1 渋谷
いつ行っても工事中!若者から大人の街へとシフトし始めた渋谷再開発の今を巡る!(後編)
文・撮影/東郷奈穂子


全文の閲覧には有料の会員登録が必要です。
登録済みの方はこちらからログインして全文をご利用ください。

 渋谷再開発ラッシュの最新スポット「レイヤード ミヤシタパーク」が、2020年8月4日、コロナの影響により約1ヶ月遅れでグランドオープンしました。そこは、これまでの高層ビル群とはまったく異なる空間。高く高く建設するバブリーな建築にストップをかけるようなエンターテインメントな新スポットとして誕生しました。

 その前身は、ご存じ「宮下公園」。明治通り沿いにあった細長い公園で、一階部分は駐車場になっていました。1930年頃に公園が開設された時は、道路と同じ高さにありましたが、東京オリンピックが開催された年に高架の人工地盤となったため、公園の下の地上部分には駐車場が設置され、当時は「東京初の空中公園」として話題を集めたそうです。


 しかし、オシャレな若者を誘導しようとしたものの、実際に集まってきたのは多数のホームレス。都心のオアシスは、いつしかホームレスたちのホームになってしまったのです。その再整備をするために渋谷区が行ったのが、公園の命名権の売却。そして、ナイキ・ジャパンが10年契約で命名権を取得し、「宮下公園」は「宮下ナイキパーク」となり、スケートボード場などが設置され、渋谷区もホームレスの立ち退きを行ったのです。この件については、様々な反対運動が勃発したため、改修工事は延期。ナイキも命名権料を支払ったうえで、名称を使用することなく途中解約し、結局は「宮下公園」という名前のまま2011年にリニューアルオープンしました。

 そして9年後の今年、三井不動産と西武造園で構成された「宮下公園パートナーズ」と渋谷区が官民一体型の新しい形の公園として誕生させたのが「レイヤード ミヤシタパーク」。全長330メートル。渋谷駅側の南街区(4階建て)、表参道側の北街区(3階建て)、北街区の北側にあるホテル棟(4~18階)の3区画からなる複合型ショッピングセンターです。4階部分はすべて「渋谷区立宮下公園」。かつては、公園より下層階の駐車場の方が目立ち閑散としていた公園が、オシャレスポットとして生まれ変わったのです。


レイヤード ミヤシタパーク 外観
レイヤード ミヤシタパーク外観

 商業フロアには、約90店舗が出店。南街区の北寄りにはアディダスの旗艦店「アディダス ブランド センター」や三井不動産グループの法人向け多拠点シェアオフィス「ワークスタイリング」などが設置されています。また、北街区の1、2階は、世界初となる「ルイ・ヴィトン」のメンズ旗艦店をはじめ、「グッチ」「バレンシアガ」「プラダ」「コーチ」など、ラグジュアリーなハイブランドが建ち並び、一際輝きを放っています。


ハイブランドのショップが並ぶ商業フロア
ハイブランドのショップが並ぶ商業フロア

続きを読む
生まれ変わった「レイヤード ミヤシタパーク」とカオスな空間「渋谷横丁」を散策

続きを読むには有料の会員登録が必要です。

前編(大人の街「渋谷」へ) <<


今回訪ねた街はコチラ!

著者プロフィール

東郷奈穂子

放送作家。
日本脚本家連盟、日本放送作家協会会員。
コピーライターから放送作家に転身後、日本テレビ「11PM」でデビュー。番組における最初で最後の女性作家に。テレビ、ラジオ、イベントなど数々の番組等に関わり、1993年渡米。NY、イスラエル、ロンドンでの約7年の居住を経て帰国。その後は、番組構成をはじめ、雑誌ライター、書籍の執筆、イベント運営など、幅広く活動している。既婚。2児の母。

コピーライター作品「フルムーン旅行」
放送作家作品「テレビ東京/出没!アド街ック天国」ほか


連載:気になるあの街に行ってみた!


参照コンテンツ


シリーズ「移動」のマーケティング


おすすめ新着記事

今治.夢スポーツ  「スポーツが日本の未来にできること」を求めて、岡田武史氏の挑戦
今治.夢スポーツ 「スポーツが日本の未来にできること」を求めて、岡田武史氏の挑戦

元サッカー日本代表監督 岡田武史氏がオーナーを務める「今治.夢スポーツ」は、サッカーJ3のFC今治の運営を中心に、教育や地域貢献などさまざまな事業を手がけている。本稿では、電通でFIFAワールドカップなどの国際大会に携わった経歴をもつ筆者が、岡田氏や関係者に直接取材。単なる地域創生にとどまらない壮大な「今治モデル」構想のエッセンスを紹介する。

コロナ下でも堅調続く「マクドナルド」
コロナ下でも堅調続く「マクドナルド」

コロナで外食全体が不振に陥っている中、ファーストフード業態は前年比96.3%と減少幅が小さい。今回の調査で印象的なのが「マクドナルド」の盤石さだ。主要な項目で2位以下を15~20ポイント引き離している。逆に順位を落としたのが、繁華街などに立地するファストカジュアルのチェーンだ。

アフターコロナの営業戦略 激変市場に対応した小商圏型営業活動のすすめ
アフターコロナの営業戦略 激変市場に対応した小商圏型営業活動のすすめ

コロナ禍で消費者の生活スタイル、購買行動が大きく変化し、これまでの営業は非効率になっています。これから狙うべき好立地は、「都心高級マンションエリア」と、都心に通勤していた人が居住する「郊外エリア」のふたつです。本稿では、エリア軸を組み入れて、コロナ禍に対応した新しい営業スタイルや営業資源の配分方法などについて紹介します。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツプレミアム会員サービス戦略ケースの教科書Online


採用情報
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.