日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


(2016.01)
観光日本のゲートウェイ「駅」
熊倉 妙子



本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

観光客と通勤客、双方に期待される駅の利便性

 駅は、通勤・通学で日常的に使う人にとっては、外へ出て行くための拠点。外からやってくる旅行者にとっては、これから始まる旅の出発点となる。駅は、内部の人と外部の人、双方が行き交うポイントだ。さらに、近年増加する外国人旅行客にとっても、駅は移動手続きの通過点というだけでなく、情報収集などのための重要な場所になっている。より多くの人に利用されるようになることによって、駅はただの経由点から、情報を発信する場、コミュニケーションの場といった役割も求められるようになってきている。


注目が集まる国内鉄道旅行

 円安やビザの緩和などから、訪日外国人旅行客は今年10月ですでに1,500万人を超えており、過去最高だった2014年の1,341万人を大きく上回っている。2020年の東京オリンピック、パラリンピックに向けて今後、さらに受け入れ体制の整備が進み、より多くの外国人旅行客の訪日が期待されている。

 では日本人海外旅行客数はというと、2012年に1,849万人と過去最高を記録したあと、減少を続け、2014年には前年比3.3%減の1,690万人となった。これは、アベノミクスによる金融緩和で、円安が進んだことや、世界情勢の不安定さなどが影響していると言われている。

 日本人はこれまで、円高などの影響を受けて、海外旅行先でのショッピングや飲食を楽しんできた。ところが近年、状況が変わってきている。「なんだか高い」「これじゃ日本と同じ。ぜんぜん安くない」。旅先で、そんな思いをする日本人が増えているのではないか。ちなみに、東京メトロの地下鉄が初乗り170円(きっぷ料金)なのに対し、ニューヨークの地下鉄の料金は約370円(シングルライドチケット)、ロンドンの地下鉄は約890円(現金、ゾーン1)だ。また、シンガポールや香港などでは経済成長が進み、両国の1人当たりのGDPは、すでに日本を追い抜いている


本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。


シリーズ「移動」のマーケティング


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>シャンプー<br>人気のモイストダイアン、ボタニカルは新たな定番に定着できるか
消費者調査データ
シャンプー
人気のモイストダイアン、ボタニカルは新たな定番に定着できるか

2017年のシャンプー市場は横ばいまたは微増とみられている。今回の調査では、過去2回の調査と同様、「ラックス」「パンテーン」「メリット」の3ブランドが上位を占めた。一方で再購入意向では男性向けの「サクセス薬用シャンプー」、オーガニックやボタニカルをうたう「モイストダイアン」「ボタニカルシャンプー」など、はっきりと特徴を打ち出した商品が上位にランクインした。商品の入れ替わりが激しい市場で、これらが定番となれるかに注目したい。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>コンビニおにぎり、需要拡大の背景に健康志向
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
コンビニおにぎり、需要拡大の背景に健康志向

コンビニ加工食品の売上が伸びている。その中心が、商品の品質がそのコンビニの売上を左右するともいわれる、おにぎりだ。誰がどのようにコンビニおにぎりを買っているのか。今回の調査から見えてきたのは、女性、経営者・管理職、健康志向の三つのキーワードだ。

MNEXT 眼のつけどころ<br>消費行動のネット情報依存への転回と情報的マーケティング
MNEXT 眼のつけどころ
消費行動のネット情報依存への転回と情報的マーケティング

「消費社会白書2019」をまとめる上で、従来の消費行動の通説を塗り替えるべき多くの現実が明らかになった。ここでは、八つの通説の検証から見えてきた現実と、それにもとづく新しいマーケティングへの「転回」をコンパクトに提案する。「情報による市場化」、すなわち「情報的マーケティング」である。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.