日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


(2015.12)
なぜこうなった?これからどうなる?駅ナカ
熊倉 妙子



本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

生活時間の効率アップとともに高まる駅への要求

 欲しいものは日用品でも、書籍でも、医薬品でも、ワンクリックで注文。足りないものがあれば、最寄りのコンビニで、好きな時間に買い足す。通勤や通学の時間には、スマートフォンで購入予定の商品やサービスの機能や品質、口コミをチェックし、価格の安い店舗で手に入れる。ひと昔前に比べ、人々の生活は格段に便利になった。現代人の生活は情報にあふれ、一方でその情報の処理のために時間に追われている。

 必然的に自身が利用する駅に対する要求も高まっている。移動だけではなく、ちょっとした買い物、食事、英会話、さらにはマッサージまで受けられるようになってきている。


大手コンビニの駅ナカ進出

 生活の利便性の向上に、駅は欠かせない役割を果たしている。毎日通勤や通学で電車や地下鉄を利用する人にとって、買い物など他の用事も駅で一緒に済ませることができれば、わざわざ店舗に足を運ぶ必要がなくなるからだ。悪天候の日は、なおさらだろう。駅という立地だけで、そこにある店舗の魅力は格段に上がる。

 JR東日本で1日の乗降者数が最も多いのは、新宿駅で約75万人、次いで池袋駅(約55万人)、3番目が東京駅(約42万人)となっている。一方、国内だけでなく、インバウンドの観光客からも絶大な支持を得る伊勢丹新宿本店は1日約8万人、東京ディズニーリゾートの1日の入場者数は約8.6万人だ(当社調べ)。この数字だけ見ても、駅の集客力がいかに強力かということが分かる。


本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。


シリーズ「移動」のマーケティング


おすすめ新着記事

消費者調査データ 2019年、印象に残ったもの<br>──改元、ラグビー、タピオカ
消費者調査データ 2019年、印象に残ったもの
──改元、ラグビー、タピオカ

2019年に印象に残った出来事ランキング1位は「改元/天皇陛下即位」、人物ランキングでも「天皇皇后両陛下」だった。時代の区切りであり、即位礼正殿の儀、即位パレード、祝賀御列の儀など話題の行事が続いたことも後押ししたようだ。このほか、歌では米津玄師「パプリカ」、ヒット商品では「タピオカ」、流行語ではラグビー日本代表の「ONE TEAM」という結果となった。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>ブーム終焉近い?タピオカドリンク、今後の飲用意向伸びず
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
ブーム終焉近い?タピオカドリンク、今後の飲用意向伸びず

最近は落ち着きを見せてきたものの、「タピる」「タピ活」などの流行語を生み出し根強い人気のタピオカドリンク。一体どのような人たちが飲んでいるのか。調査の結果見えてきたのは、ブームの頭打ちの気配だ。

成長市場を探せ 豆乳(2019年版)
成長市場を探せ 豆乳(2019年版)

豆乳の生産量は過去10年で約2倍の成長を遂げており、2019年には初めて40万キロリットルを超える見込みだ。背景にあるのは消費者の健康志向の高まりだ。低コレステロール、低カロリー、さらに大豆イソフラボンの効果が周知されたことで飲用量が増加。豆乳を使ったメニューの拡散や、凍らせて食べるといった新たな楽しみ方も広がっている。






成長支援のコンサルティングサービス
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2020
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.