半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


(2015.07)
消費のホットスポットとしての駅
ディレクター 大場 美子

本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

消費の欲望を育む集客スポット

 今、多くの駅が消費の場となっている。駅は、さまざまな人々が行き交う都市の集客スポットであり、消費の欲望を増幅するパワーを持っている。なぜなら、欲望とは本源的に他者との関わりのなかで生まれることに起因するからだ。今回は、こうした他者を意識した消費行動のメカニズムに焦点を当て、消費における駅の潜在的なパワーを探る。


消費の外部性

 何らかの商品サービスを購入する時、食料品や日用品などの習慣的な買い物を除いて、「価格が安いから」「機能がいいから」といったコストパフォーマンスによる合理的な理由だけでは、なぜそれを選んだのかを説明できないことが、実は多い。

 特にファッション、時計・宝飾品やインテリア、クルマなど他人に見られるものを購入する時は、「分不相応だと思われないか」、「年齢に合わないと思われないか」、「仲間うちで浮いたりしないか」など他者の評価を気にせずにはいられない。また、ブランド物や話題の商品は、もっと直接的に「○○さんの持っていたものが欲しい」、「○○さんの持っているものより"良いもの"が欲しい」と思ったりする。

 このように、個人の意思決定が他者に影響されることを、経済学では「外部効果」と呼ぶ。外部効果には、他者に羨ましがられたい、見せびらかしたい(顕示欲望)という「ヴェブレン効果」、話題に乗り遅れたくない、他人が持っているから自分も欲しい(同質化欲望)という「バンドワゴン効果」、他人とは違うものが欲しい、持っている人が少ないものが欲しい(差異化欲望)という「スノッブ効果」の三つがあるとされている。


本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。


シリーズ「移動」のマーケティング


おすすめ新着記事

星野リゾート進出が変えた「豊島区大塚」 ―官民連携で地域活性化の好事例
星野リゾート進出が変えた「豊島区大塚」 ―官民連携で地域活性化の好事例

都心再開発の多くが完工する2030年頃にかけて、人の流れが大きく変化します。「豊島区大塚」もそのひとつで、官民一体の街づくりによって新たな観光スポットに生まれ変わりました。そもそも大塚といえば、良く言えば下町レトロ、、悪く言えばちょっといかがわしい街のイメージ。それが、2018年の星野リゾート進出によって一変しました。エリアマーケティングでは、大塚のような官民一体型の地域活性策も重要になってくるでしょう。

コロナ下でも強い「ビオレUV」、再購入意向は「スキンアクア」
コロナ下でも強い「ビオレUV」、再購入意向は「スキンアクア」

2年連続で大幅縮小したサンケア市場。今年は、コロナ禍での規制緩和により外出機運も高まっており、再成長が期待されている。今回の調査も、過去同様「ビオレUV」が6項目で首位を獲得、盤石の強さをみせた。唯一首位を譲ったのが再購入意向で、「スキンアクア」が87%と圧倒的支持を獲得。各社も花粉ブロックやホワイトニングなど付加価値製品を投入しており、夏を目前にあつい戦いが予想される。

値上げの時代の生き残りマーケティング
値上げの時代の生き残りマーケティング

2022年は経済の大きな転換期になりそうです。ようやく新型コロナのエンデミック化かと思えば、ウクライナ侵攻、値上げと、経済へのマイナスインパクトが続いています。これらは表面的な現象であり、根底は新たな経済、新しいグローバルな経済秩序への転換です。日本経済に大きな影響を与えるのは、利上げ、サプライチェーン寸断、コロナ、ウクライナ侵攻の四つです。これらの要因が供給と物価に影響を与え、需要をシュリンクさせ、消費市場を減少させることになります。この状況に、マーケティングとしてどう対応したらよいか、ということをお伝えします。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.