半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


(2015.07)
消費のホットスポットとしての駅
ディレクター 大場 美子

本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

消費の欲望を育む集客スポット

 今、多くの駅が消費の場となっている。駅は、さまざまな人々が行き交う都市の集客スポットであり、消費の欲望を増幅するパワーを持っている。なぜなら、欲望とは本源的に他者との関わりのなかで生まれることに起因するからだ。今回は、こうした他者を意識した消費行動のメカニズムに焦点を当て、消費における駅の潜在的なパワーを探る。


消費の外部性

 何らかの商品サービスを購入する時、食料品や日用品などの習慣的な買い物を除いて、「価格が安いから」「機能がいいから」といったコストパフォーマンスによる合理的な理由だけでは、なぜそれを選んだのかを説明できないことが、実は多い。

 特にファッション、時計・宝飾品やインテリア、クルマなど他人に見られるものを購入する時は、「分不相応だと思われないか」、「年齢に合わないと思われないか」、「仲間うちで浮いたりしないか」など他者の評価を気にせずにはいられない。また、ブランド物や話題の商品は、もっと直接的に「○○さんの持っていたものが欲しい」、「○○さんの持っているものより"良いもの"が欲しい」と思ったりする。

 このように、個人の意思決定が他者に影響されることを、経済学では「外部効果」と呼ぶ。外部効果には、他者に羨ましがられたい、見せびらかしたい(顕示欲望)という「ヴェブレン効果」、話題に乗り遅れたくない、他人が持っているから自分も欲しい(同質化欲望)という「バンドワゴン効果」、他人とは違うものが欲しい、持っている人が少ないものが欲しい(差異化欲望)という「スノッブ効果」の三つがあるとされている。


本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。


シリーズ「移動」のマーケティング


おすすめ新着記事

カルビー「ポテトチップス」圧倒的な強さ
カルビー「ポテトチップス」圧倒的な強さ

2020年のスナック菓子市場は小売金額ベースで前年比1.8%増と、堅調な動きを続けている。今回の調査では、認知、購入経験でカルビーの「ポテトチップス」が圧倒的な強さをみせた。店頭接触や3ヶ月以内購入などでは「かっぱえびせん」「ポテトチップス(湖池屋)」が高い評価を得ているが、再購入意向では流通PBが上位に食い込んできた。

広く浸透する食品PB、高まる品質評価
広く浸透する食品PB、高まる品質評価

近年、多くの流通企業がプライベートブランドを拡大してきた。今回は、食品を中心としたPBが生活者にどのように捉えられているのか調査を行った。その結果、1年以内の購入率が9割を超えるなど生活に広く浸透していること、ナショナルブランドと比較しても品質に遜色がない一方、お得感があるなどの評価を得ていることがわかった。

経験財化、ブランド選択、チャネル
経験財化、ブランド選択、チャネル

コロナによって食生活は変化しました。それにともない、食の経験財化が進んでいます。この変化に対応するためには、ブランドの効果や購買行動の変化、チャネル選択などを考慮した価値拡張のマーケティングが必要になります。本稿ではその具体策として、ターゲットスライドやリアルプロモーション、ブランドの感情説得、購入先の使い分け、インセンティブ好き、価値上げによる値上げの六つを提案いたします。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2022
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2022 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.