日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
キリンホールディングス株式会社(2018年12月期)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2018年12月期決算の総括

キリンホールディングスの2018年12月期連結決算は、売上収益1兆9,305億円(前年同期比3.6%増)、事業利益1,993億円(同2.4%増)で2期連続の増収増益となった。原動力となった日本綜合飲料事業では、ブランドを絞り込んだ効率の高いマーケティングを実行。18年3月発売の「本麒麟」が販売計画を2度上方修正するほどの記録的なヒットとなった。主力の「一番搾り」も市場平均を上回るペースで販売数量を増加させるなど好調で、ビールカテゴリーが3年ぶりに前年比プラスを記録。RTDカテゴリーでも主力の「キリン 氷結」が堅調に推移したほか、4月発売の「キリン・ザ・ストロング」などが好調で、同事業は売上収益が前年同期比2.6%増、事業利益が同11.9%の増収増益となった。海外綜合飲料事業では、オセアニア綜合飲料事業に属する豪ライオン社の酒類部門が堅調に推移したが、低迷を続ける同社飲料部門の売却を決定、オセアニア事業は減収減益となった。海外その他綜合飲料事業では、ミャンマー・ブルワリーの販売数量増加などにより増収増益となったが、海外事業全体では増収減益となった。医療・バイオケミカル事業では、前年の植物成長調整剤事業譲渡の影響などにより減収減益となった。2018年までの中期経営計画では定量目標をすべて達成、「構造改革による、キリングループの再生」を実現したとし、2019年度は「新たな成長を目指した、キリングループの基盤づくり」を掲げた2022年までの中期経営計画を発表。中間持ち株会社のキリンを吸収合併、孫会社にあたる協和発酵バイオを子会社化するなど、組織改編を行い成長軌道を目指す。



【最新版 2019.05.14 更新】
キリンホールディングス
企業活動分析
更新状況
01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年 09年 10年
11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年 18年 19年
戦略200+・企業活動分析「キリンホールディングス」
戦略200+・企業活動分析


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

消費者調査データ 衣料用洗剤<br>発売半年、「アタックZERO」が6項目で首位獲得
消費者調査データ 衣料用洗剤
発売半年、「アタックZERO」が6項目で首位獲得

衣料用洗剤の市場は全体では縮小しているが、液体・ジェル状洗剤は拡大を続けている。今回の調査では「アタック ZERO」が7項目中6項目で首位を獲得。2019年4月発売の新商品にも関わらず、積極的なマーケティング展開が奏功し使用経験は2割を超えた。今後の購入以降でも僅差ながら首位を獲得しており、ヒット商品の実力を見せつけたかたちだ。

戦略ケース 快進撃続くTHREE―「ブルーオーシャンターゲティング」で第3の価値創造
戦略ケース 快進撃続くTHREE―「ブルーオーシャンターゲティング」で第3の価値創造

ポーラ・オルビスグループの育成ブランド「THREE」の快進撃が止まらない。売上高は100億円を突破し、営業利益率も10%と収益性を向上させた。成功の要因は、競合が入り込めない、「ブルーオーシャンターゲティング」の発見にある。ケミカルコスメとオーガニックコスメのニーズが交差する部分にユーザーがいることを、THREEは発見したのである。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>健康意識を背景に受容層広がるゼリー飲料
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
健康意識を背景に受容層広がるゼリー飲料

ゼリー飲料市場が伸びている。2018年の生産量は8万5,593リットルと、前年から10.5%増加している。飲用率は世代や性別で差がみられ、高いのは男性、女性ともにバブル後世代であった。飲用理由では全体ではもっとも高かったのは「短時間で栄養を補給するため」であり(27.6%)、次いで「短時間で食事を済ませるため」であったが、ヘビー層とライト層では理由が異なり、ヘビー層ほど具体的なベネフィットを求める結果となった。






成長支援のコンサルティングサービス
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.