半歩先を読む日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

公開日:2021年04月14日

戦略200+・企業活動分析
キリンホールディングス株式会社
20年12月期は減収減益。コロナ禍で業務用ビールや自販機販売低迷
2020年12月期決算の総括

キリンホールディングスの2020年12月期連結決算は、売上収益1兆8,495億円(前年同期比4.7%減)、事業利益1,621億円(同15.0%減)で減収減益となった。新型コロナウイルスの影響を受けつつも、コスト削減により最小限の影響に留めた。セグメント別の業績は、国内ビール・スピリッツ事業では家庭用チャネルにおいてビール類缶やRTD、ノンアルコール飲料カテゴリーの販売数量が増加したものの、業務用チャネルにおけるビール類販売数量の大幅減少によって減収減益となった。国内飲料事業は、無糖商品、低糖商品を拡充、「キリン iMUSE レモン」等のプラズマ乳酸菌配合飲料も大きく増加したが、自動販売機やCVSでの販売が苦戦し、販売数量は減少、それに加えて販売収益単価の悪化により、売上収益、事業利益ともに減少、減収減益となった。オセアニア総合飲料事業では、新型コロナの影響で販売数量が減少、とくに収益性の高い業務用チャネルを通じた販売が大きく減少したため、減収減益となった。医薬事業では、グローバル戦略品を中心とした海外医薬品売上の増加により、増収増益となった。2019年2月には長期経営構想「キリングループ・ビジョン2027」を策定、「食から医にわたる領域jで価値を創造し、世界のCSV先進企業となる」という目標を掲げ、「再生」から「成長」へとステージをシフトさせることを明確にした。その第1ステージ「2019年-2021年中期経営計画」の最終年度となる2021年度は、発酵・バイオテクノロジーを通じて培った「食領域」「医領域」「ヘルスサイエンス領域」の3領域における事業展開をさらに加速し、売上収益1.6%増、事業利益11.0%増の増益計画を見込む。


分析レポートのダウンロード


バックナンバー
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ
戦略200+・企業活動分析 レポートイメージ

企業活動分析 サンプルのご案内

当コンテンツの全体像をより具体的にイメージしていただけるように、掲載中の239社の中から1社を抜粋してサンプルとしてご用意いたしました。下記よりご利用下さい。


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

再開発でさらに魅力的に!「世界で最もクールな街」下北沢を徹底解剖!
再開発でさらに魅力的に!「世界で最もクールな街」下北沢を徹底解剖!

サブカルの聖地、下北沢。2019年には「世界で最もクールな街」で堂々の2位に選ばれました。一方で、狭い路地が複雑に入り組んでいること、線路で街が分断されていることなどから、回遊性や防犯・防災上の問題が指摘されていました。今回は、再開発によって生まれ変わった下北沢のいまに迫ります。

コロナ下でも堅調な「モンスターエナジー」
コロナ下でも堅調な「モンスターエナジー」

2020年の清涼飲料市場はコロナ禍の影響で、全体では前年割れとみられている。一方、エナジードリンクは拡大トレンドは継続中との見方もある。今回の調査では、「リアルゴールド」「レッドブル・エナジードリンク」「モンスターエナジー」が複数の項目で上位3位を独占したが、なかでも「モンスターエナジー」の堅調ぶりが目立った。先発商品の「レッドブル」を抜いてシェアトップになるなど、存在感を増している。

オリジナルレポート コロナ下とコロナ後の消費の展望
オリジナルレポート コロナ下とコロナ後の消費の展望

独自の消費者調査から、「食」、旅行・余暇・ファッションなどの「選択消費」、クルマや住宅などの「耐久財」の三つのテーマで、コロナ下での消費の変化とコロナ後の見通しについてレポートをまとめました。



J-marketingをもっと活用するために
無料で読める豊富なコンテンツ プレミアム会員サービス 戦略ケースの教科書Online


採用情報
J-marketingのトリセツ
会員登録のご案内
消費社会白書2021
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
facebook
page top

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。一部の例外を除き、著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2021 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.