日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


(2018.05)

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 第96号
試し飲みされるストロングビール
味訴求でロイヤリティ獲得が今後の鍵





JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食と生活」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食と生活」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食と生活」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。

本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
有料会員のご登録はこちらをご覧ください。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 第96号は、
  1. オリジナル調査結果 試し飲みされるストロングビール 味訴求でロイヤリティ獲得が今後の鍵
  2. 業界クリップ - 2018年2-3月の動向
の2部構成でお届けします。


1.性別・世代別で差の大きいビール類飲用率(本文抜粋)
レポートイメージ

 2017年7月、サントリーが「頂(いただき)」を発売したのを皮切りに、大手各社がアルコール度数が7%以上のストロング系ビール類を発売している。CMを目にすることも増えた、ストロングビールの飲用状況について、調査を行った。
 まずアルコール飲料の種類別飲用経験をみると、この調査の対象者である全国20~69歳の男女約1,000人のうち、3ヶ月以内の飲用率が最も高いものはビール類で、6割が飲用していることがわかった。これは2番目に高いチューハイと2倍近い差がある。

本コンテンツの全文はPDFでのご提供となります。
【全文を読む】(有料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。


* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. 性別・世代別で差の大きいビール類飲用率
  2. ビール好きのヘビーユーザーが飲用するストロングビール
  3. 「高アルコール」「新製品」が理由で飲まれるストロングビール
  4. ストロングビールの今後の可能性

* 業界クリップ 2018年2-3月(全7頁)

  1. 消費者の動き        【消費心理悪化の兆し】
  2. 売れている食品・メニュー  【SNSによる消費活性化】
  3. 東京市場          【ファッションブランドのカフェ併設店】
  4. 地産地消          【魚沼産コシヒカリが最高位を逃す】
  5. 食品企業の経営       【ロイヤルホストの営業時間の短縮】
  6. 製品開発          【コカ・コーラがアルコール参入】
  7. 価格政策          【生活必需品の値上がり】
  8. プロモーション       【マーガリンのトランス脂肪酸対策のPR】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【ローソンが店舗での生鮮受け取りを開始】
  10. ヘッドラインクリップ    2018年2-3月の動向



最新バックナンバー

全てのバックナンバーはこちら

おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>キャッシュレス決済(2019年4月版)<br>Suica、WAON、nanaco、上位に満足度で食い込むQRコード決済
消費者調査データ
キャッシュレス決済(2019年4月版)
Suica、WAON、nanaco、上位に満足度で食い込むQRコード決済

政府主導で普及が進みつつあるキャッシュレス決済。市場規模も高い伸びが見込まれている。今回の調査では、多くの項目で交通系の「Suica」、流通系の「WAON」が上位を争う展開となった。QRコード決済では「PayPay」が認知度が圧倒的だが、利用可能チャネルの少なさから浸透度は低い。新たなサービスが続々登場する中、成長市場の覇者となるのはどれか。今後の市場に注目したい。

MNEXT 眼のつけどころ<br>次の時代のマーケティング戦略を考える<br>(1)AGFA、増税、キャッシュレスなどへの対応
MNEXT 眼のつけどころ
次の時代のマーケティング戦略を考える
(1)AGFA、増税、キャッシュレスなどへの対応

ネットとリアルのメディアが融合する時代、日本の企業に求められるのは、20世紀のブランディング手法から脱却して市場プラットフォームブランドへと革新することだ。次代のマーケティングソリューションのアイデアを、徒然なるままに書き連ねてみる。みなさんのヒントになれば、嬉しい。

成長市場を探せ 無菌包装米飯(2019年版)
成長市場を探せ 無菌包装米飯(2019年版)

人口減や少子高齢化などでコメの消費が減り続けているなかで、2018年のパックご飯の市場は9年連続で増加、過去最高を更新した。「サトウのごはん」が先駆けだが、伸びが著しいのは東日本大震災以降だ。防災意識の高まりで非常食としての需要が増加。加えて技術革新によりおいしさが向上、高齢化や単身世帯の増加などで日常食としても利用が進んでいる。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.