日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2018.05)
木内酒造:常陸野ブルーイング
クラフトビールのパイオニアはローカルからグローバルへ
―中堅企業ならではのフットワークの軽さが躍進の鍵
マネジャー 川口健一





 国内のビール系飲料が13年連続減少と長期低迷が続く中、これまで拡大を続けてきたクラフトビール市場も転換期を迎えている。そんな中、特に海外から注目を集めているクラフトビールが「常陸野ネストビール」(茨城県)だ。世界各国に輸出されているほか、都内のターミナル駅にある店舗も訪日外国人に人気となっている。

 東京商工リサーチの「地ビールメーカー動向調査」によると、2017年の全国主要地ビールメーカー出荷量は、2010年の調査開始以来、初めて減少した(2017年1-8月期:総出荷量10,357kl・前年同期比0.7%減)。しかし7割以上の企業の出荷量が前年同期を上回るなど、クラフトビールはブームから定着へとシフトしていることがうかがえる。


図表.地ビール出荷量の推移(各年1-8月期)


 「常陸野ネストビール」を手がける木内酒造は1823年に日本酒醸造で創業した老舗酒造である。その後、米焼酎、ワイン、梅酒とカテゴリーを広げ、規制緩和により1996年に「常陸野ネストビール」発売を開始した国内クラフトビールのパイオニア的存在である。国内クラフトビールメーカーとしては、出荷量でヤッホーブルーイング(「よなよなエール」など)、エチゴビールに次ぐ3位だ。また同社の特徴は海外での評価が高いことである。1997年のインターナショナルビアサミットでの金賞受賞をはじめ、アメリカ、ドイツ、イギリスなど世界各国で開催された国際ビールコンテストで受賞を続けている。

 国内だけでなく、海外でも存在感を高めている木内酒造の成功のポイントは三つ挙げることができる。

 ひとつは、ものづくりへのこだわりと地元の茨城でのブランディングである。材料は、ビールの本場から直輸入している。ペールエールやバイツェンに使用する麦芽はイギリスから、アンバーエールに使用するカラメル麦芽はベルギーから取り寄せ、ホップも商品の個性に応じた産地から輸入。最近では自社栽培の国産ホップでビールを醸造することにも取り組んでいる。また、茨城県那珂市という酒蔵にほど近い酒井出という地は、万葉の昔、井戸から酒が湧き出たという伝承があるお酒づくりに適した地だ。さらに、200年弱に及ぶ日本酒づくりで培ったこだわりのノウハウによるモノづくりというストーリーが、世界中でのファンづくりに繋がっている。

 また同社は、こうしたモノづくりへのこだわりだけに囚われず、その商品の価値を最大限に引き出す「体験の場」づくりにも注力している。「酒と料理を愉しむ場所」として、自前で飲食店を展開しているのである。地元の茨城では、「蔵+蕎麦 な嘉屋」(那珂市)、「酒+蕎麦 な嘉屋」(水戸市)、「常陸野ブルーイング水戸」(水戸市)、「Yasato de toreta」(石岡市)を展開し、蕎麦や常陸牛や茨城県産のサバ、自家菜園の野菜を使った料理とビールをはじめとするお酒のマリアージュという体験を楽しむことができるのだ。

 ふたつめは、精力的な海外でのファンづくりである。「クラフトビール」のブームは、日本だけでなく世界中のトレンドだ。「常陸野ネストビール」は世界50ヵ国以上に輸出され、その輸出量は大手NBメーカーを凌いでトップである。また同社の特徴は、商品を輸出するだけでなく、韓国と香港に工場を持ち、2017年にはサンフランシスコと上海に直営店とレストランを出店するなど、地元茨城と同様に「飲用体験の場づくり」を展開しているところにある。こうした積み重ねにより、海外のクラフトビール好きの間では「日本のクラフトビール=常陸野ネストビール」というほどの支持を得るに至っている。

 三つめは、こうした海外展開の国内への波及効果の取り込みである。2018年4月、JR品川駅構内「エキュート品川」に「常陸野ブルーイング品川Beer&Cafe」がオープンした。「常陸野ブルーイング・ラボ 神田万世橋店」(秋葉原駅)、「常陸野ブルーイング・ラボ Tokyo Station」(東京駅)に次ぐ3店舗目となるが、いずれも乗降客が多いターミナル駅という好立地にある。その中で、来店客の3割弱は欧米など外国人客が占めているという。ネットで評判が形成された「常陸野ネストビール」を生産地である日本で飲む、しかも各店では「店舗でしか飲めない限定醸造品」を提供しているというプレミア感が醸成されている。こうした情報はネット時代ということもあり、すぐに拡散する。こうして現在の訪日外国人増加というビジネスチャンスの取り込みにも成功しているといえるだろう。

 このように、木内酒造「常陸野ネストビール」の成功は、「モノづくりへのこだわり」や、中堅規模の酒造メーカーでありながら「ローカライズ(日本市場)」という狭いドメインにとどまらず、当初から世界市場での展開を視野に入れた展開にあるといえる。


3時間x6回の講義でプロマーケター速成!
「一」から学べるマーケティング入門講座のご案内

食品業界の中堅企業に向けた、マーケティング担当者育成講座を開講します。設立以来27年間、5,000以上の課題に取り組んできた経験とノウハウをもつJMR生活総合研究所だからできる人財速成サポート。独自のテンプレートと戦略ケース、事例をもとに、1回3時間、全6回の集中講義を行います。
社内で不足しがちなマーケティング実務者を養成する「食品業界のマーケティング実務者養成コース」をご用意いたしました。皆様のご参加をお待ちしております。



参照コンテンツ

  • 企画に使えるデータ・事実 成長市場を探せ クラフトビール(2017年版)

  • おすすめ新着記事

    第12回 ネクスト戦略ワークショップ講演録<br>ロングセラーブランドの長寿化
    第12回 ネクスト戦略ワークショップ講演録
    ロングセラーブランドの長寿化

    ロングセラーブランドにとって避けられない課題が、顧客の流出だ。強みである潜在顧客基盤の大きさを活用して、これから5年先、10年先も支持されるためにはどのような戦略が必要になってくるのか。顧客の新陳代謝がうまくいっているカルピスやハーゲンダッツの事例を取り上げながら、解説していく。

    「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>若者「忘年会嫌い」は本当?性・世代で意識に差
    「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
    若者「忘年会嫌い」は本当?性・世代で意識に差

    若者の酒離れ、飲み会離れが叫ばれる中、年末の恒例行事である忘年会への意識調査を行った。見えてきたのは、性・世代、職業といった属性による、参加率や参加理由の差だ。特に若い世代において、女性は飲み会に対して好意的な意識が高い一方、男性は低い。一概に若者が忘年会嫌いとは限らないようだ。

    第12回 ネクスト戦略ワークショップ講演録<br>食生活の理想と現実の乖離
    第12回 ネクスト戦略ワークショップ講演録
    食生活の理想と現実の乖離

    現代の食生活を読み解くポイントは「個食化」「調理の罪悪感」「罪悪感から解放する価値訴求」の三つだ。今回の調査では、惣菜や冷凍食品を使ったり、手を抜くことに罪悪感を覚えている人も約2割いることがわかった。特に子育て共働き世帯の女性で高い。背景には、「自己管理をきちんとしたい」「立派な主婦でありたい」「家族を大切にしたい」などの意識が関係していることがわかった。こうした消費者の意識をどのように解決していくべきかが、いま企業に問われている。

    マーケティングモニターのご案内
    データでわかる辛口性格診断
    会員登録のご案内
    消費社会白書2019
    「戦略200+」比較分析ツールのご案内
    page top

    JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

    Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.