日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2019.07)
キリン「タップ・マルシェ」はクラフトビールの支配者となれるか
マネジャー 川島史博





本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの先行公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

飲食店の差別化競争の波に乗り拡大するタップ・マルシェ

 ビールサーバーの導入やメンテナンスコストなどの理由から、飲食店がクラフトビールを提供するハードルは低くない。しかし、新しいメニューを提供して利用客の単価アップにつなげたいという思いは強い。そんなジレンマを抱える飲食店に、キリンの飲食店用クラフトビールプラットフォーム「Tap Marché(タップ・マルシェ)」が支持されている。

 タップ・マルシェは、飲食店向けの小型ビールディスペンサーだ。「Marché(市場)」のように、気軽に多様なビールを楽しむことができる「ビールの自由市」をイメージしている。卓上に置けるサイズで、4種類もしくは2種類のクラフトビールが樽生で提供できる。

 2016年にテスト展開を開始。2017年には一都三県に拡大し、2018年に全国展開を始めた。導入店舗は2018年末時点で7,000店舗を超え、同社は2019年に13,000店を拡大目標に掲げるなど順調に普及している。

 外食産業からのクラフトビール需要は大きい。その背景には、各店舗の売上や利用客の減少がある。日本フードサービス協会によると、外食の中でも「パブレストラン/居酒屋」の売上はここ数年間、対前年割れを続け、利用客数も減少している。これをカバーするために、単価アップを狙ったメニューの差別化・付加価値化競争が続いている。

 こうした外食産業のニーズに対して、手軽にクラフトビールを提供できる「タップ・マルシェ」がうまく響いている。数店舗で導入した居酒屋チェーン「塚田農場」でも、クラフトビールと九州料理の組み合わせが人気となり、単価アップに繋がったという。


次は「ブルワリーと飲食店、双方のハードルを下げるプラットフォーム」
【続きを読む】(有料会員向け先行公開)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。


参照コンテンツ


業界の業績と戦略を比較分析する


おすすめ新着記事

MNEXT 中堅ビジネスの再成長への提案<br>―大手よりも伸びる中堅企業のナゼ?
MNEXT 中堅ビジネスの再成長への提案
―大手よりも伸びる中堅企業のナゼ?

どうしたら会社が持続的に成長できるのか。経営者にとって最大の悩みだ。当社独自の分析では、直近10年間で成長していたのは大手企業よりもむしろ中堅企業であった。つまり、中堅企業は大手よりも優れた成長戦略を採ったということだ。では、どのような戦略で「壁」を突破し再成長を遂げたのか、事例を交え解説する。

戦略ケース プラットフォームビジネスで急拡大するウーバーイーツ
戦略ケース プラットフォームビジネスで急拡大するウーバーイーツ

「ウーバーイーツ」が、国内展開を加速度的に拡げている。16年に渋谷区と港区でスタートしたこの事業は、今や東京以外の都市部にまでサービスを拡大。19年6月時点の提携レストランは1万店を超えている。ウーバージャパンの18年度の純利益も前年比4.2倍の急成長ぶりだ。この躍進は、市場プラットフォームというビジネスモデルで、市場変化の波にうまく乗った結果だ。

戦略ケース 永谷園 本業を維持しながらM&Aで1,000億円企業へ
戦略ケース 永谷園 本業を維持しながらM&Aで1,000億円企業へ

1952年、「お茶づけ海苔」で創業した永谷園。お茶づけ・ふりかけ、スープ、調理食品という事業の三本柱で成長してきたが、2000年以降は成長が鈍化。同社は、永谷泰次郎氏が社長に就任した2012年以降に大胆な戦略を採る。M&Aによる新規事業開発だ。13年にビアードパパ、16年には英ブルームコを買収し、本業とのシナジーを活用、18年には遂に売上高1,000億円の壁を突破した。






成長支援のコンサルティングサービス
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.