日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(2018年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2018年2月期決算の総括
セブン&アイ・ホールディングスの2018年2月期の連結決算は、営業収益6兆378億円(前年同期比3.5%増)、営業利益3,917億円(同7.4%増)と、増収増益となった。国内コンビニエンスストア事業では、ドミナント強化を目的とした既存エリアでの新規出店に加え、既存店舗活性化を推進すべく積極的な立地移転を実施し、国内で展開する小売業として初めて20,000店舗を突破した。おにぎりや麺類などの基本商品の積極的なリニューアルを継続し、更なる品質向上に取り組んだことなどにより販売は好調に推移。海外コンビニエンスストア事業も、ファスト・フードやプライベートブランド商品「セブンセレクト」の開発及び販売に引き続き注力した結果、売り上げを伸ばすことができた。スーパーストア事業では、テナントミックスによる売場構成の見直しや、大型ショッピングセンター「Ario」の改装などによる事業構造改革を進めた。また、個店・地域特性に合わせた品揃えの拡充や、新たに安全・安心の生鮮ブランド「セブンプレミアム フレッシュ」の展開を開始するなど差別化商品の販売を強化した。発売10周年を迎えたグループのプライベートブランド商品「セブンプレミアム」は、これを機に「更なる品質の向上」「新たな価値の創造」「新領域への挑戦」の三つの方針を新たに掲げ、ますます多様化するお客様ニーズに対応していく。そして、2020年に営業利益4,500億円・ROE10%を達成を目標とする中期営業計画の2年目となる18年度も、数値目標達成に向けて着実に実行していく。

【最新版 2018.08.23 更新】
セブン&アイHD
企業活動分析 更新状況
00年 01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年 09年
10年 11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年 18年
戦略200+・企業活動分析「セブン&アイ・ホールディングス」
戦略200+・企業活動分析


企業活動分析に関する基調論文


参照コンテンツ


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

消費者調査データ 衣料用洗剤<br>発売半年、「アタックZERO」が6項目で首位獲得
消費者調査データ 衣料用洗剤
発売半年、「アタックZERO」が6項目で首位獲得

衣料用洗剤の市場は全体では縮小しているが、液体・ジェル状洗剤は拡大を続けている。今回の調査では「アタック ZERO」が7項目中6項目で首位を獲得。2019年4月発売の新商品にも関わらず、積極的なマーケティング展開が奏功し使用経験は2割を超えた。今後の購入以降でも僅差ながら首位を獲得しており、ヒット商品の実力を見せつけたかたちだ。

戦略ケース 快進撃続くTHREE―「ブルーオーシャンターゲティング」で第3の価値創造
戦略ケース 快進撃続くTHREE―「ブルーオーシャンターゲティング」で第3の価値創造

ポーラ・オルビスグループの育成ブランド「THREE」の快進撃が止まらない。売上高は100億円を突破し、営業利益率も10%と収益性を向上させた。成功の要因は、競合が入り込めない、「ブルーオーシャンターゲティング」の発見にある。ケミカルコスメとオーガニックコスメのニーズが交差する部分にユーザーがいることを、THREEは発見したのである。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>健康意識を背景に受容層広がるゼリー飲料
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
健康意識を背景に受容層広がるゼリー飲料

ゼリー飲料市場が伸びている。2018年の生産量は8万5,593リットルと、前年から10.5%増加している。飲用率は世代や性別で差がみられ、高いのは男性、女性ともにバブル後世代であった。飲用理由では全体ではもっとも高かったのは「短時間で栄養を補給するため」であり(27.6%)、次いで「短時間で食事を済ませるため」であったが、ヘビー層とライト層では理由が異なり、ヘビー層ほど具体的なベネフィットを求める結果となった。






成長支援のコンサルティングサービス
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.