日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


(2019.09)

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 第112号
消費増税ついに「10%」も―駆け込み購入、盛り上がり欠く





JMR生活総合研究所では、めまぐるしく変化する「食と生活」の今を切り取り、「ニュースレター」として整理したPDFファイルのご提供を行っています。
これは、
  • 「食と生活」に関する弊社オリジナル調査の結果と、
  • 主要紙誌の「食」関連の掲載記事から見えてくる「食と生活」のトレンドを整理したヘッドラインクリップ
の二部で構成し、お届けするものです。

本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
ご利用には無料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
無料のご登録はこちらをご覧ください。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター 第112号は、
  1. オリジナル調査結果 消費増税ついに「10%」も―駆け込み購入、盛り上がり欠く
  2. 業界クリップ - 2019年8-9月の動向
の2部構成でお届けします。


1.耐久財、食品・日用品ともに前倒し購入は低調(本文抜粋)
レポートイメージ

 10月1日から、消費税が8%から10%へ上がる。3度目の増税となる今回、政府は駆け込み需要と反動減を抑えるために様々な政策を行っている。今回は、9月上旬時点での、増税を意識した駆け込み購入(以下、前倒し購入)の状況と、増税を意識したキャッシュレス決済の利用状況を調査した。
 まず、耐久財と食品・日用品に分けて前倒し購入率をみる。調査実施時点での前倒し購入率は、耐久財では28.5%、食品・日用品では18.7%だった(図表1)。食品・日用品ですでにまとめ買いをしたものは15.3%にとどまっている。



本コンテンツの全文はPDFでのご提供となります。
【全文を読む】(有料・無料会員向け)

※会員のご登録はこちらをご覧ください。


* オリジナル調査結果の分析 構成(全4頁)
  1. 耐久財、食品・日用品ともに前倒し購入は低調
  2. 前倒し購入を行うのは男性より女性
  3. わかりにくさを持たれている増税対策
  4. キャッシュレス決済は日常使いにいたらず

* 業界クリップ 2019年8-9月(全7頁)

  1. 消費者の動き        【消費者態度指数の低水準続く】
  2. 売れている食品・メニュー  【悪天候に伴う消費の不振】
  3. 東京市場          【スターバックスの新業態が登場】
  4. 地産地消          【神戸市の野菜キャンペーン】
  5. 食品企業の経営       【プレナスが直営店の一部を閉店】
  6. 製品開発          【健康機能を訴求する商品】
  7. 価格政策          【増税に伴うメニューの見直し】
  8. プロモーション       【ラグビーワールドカップ販促】
  9. チャネル政策・チャネル動向 【増税時のポイント還元策】
  10. ヘッドラインクリップ    2019年8-9月の動向



最新バックナンバー

全てのバックナンバーはこちら

参照コンテンツ


おすすめ新着記事

成長市場を探せ 中食(2019年版)
成長市場を探せ 中食(2019年版)

拡大する食市場のなかでも、著しい伸びをみせているのが中食だ。中食市場は2018年までに10年連続で成長し、10年間の伸び率は約27%に達する(一般社団法人日本惣菜協会)。拡大の背景には、女性の社会進出や、少子高齢化、少人数世帯の増加などによる食の簡便化、個食化がある。今後もこうした流れは続くとみられ、中食市場もさらなる拡大が予想される。

消費者調査データ 化粧水<br>肌研、エリクシール、SK-IIが上位に。男性用化粧水も健闘
消費者調査データ 化粧水
肌研、エリクシール、SK-IIが上位に。男性用化粧水も健闘

化粧水の市場は2018年までに5年連続で伸長している成長カテゴリだ。今回の調査では、「肌研」「エリクシールシュペリエル」「SK-II」などが上位入りした一方、男性用も健闘も目立った。母数は少ないものの「メンズビオレ」「ウーノ」「ギャツビー」は再購入意向で上位3位を独占。高機能製品のヒット、男性用のスキンケアの好調も伝えられており、今後もまだまだ成長が期待できそうだ。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>消費増税ついに「10%」も―駆け込み購入、盛り上がり欠く
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
消費増税ついに「10%」も―駆け込み購入、盛り上がり欠く

消費税の10%への増税を目前に控えた9月、増税を意識した前倒し購入の状況と、政府も推進するキャッシュレス決済の利用状況を調査した。耐久財と、食品・日用品にわけてみたところ、前倒し購入率は耐久財で3割、食品・日用品でも2割にとどまった。増税に関する意識でも、「前倒しで買いたいものがある」の賛成率は3割と意向の低さが目立つ。






成長支援のコンサルティングサービス
マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2019 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.