日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2016.10)
オムニセブンの曲がり角
―リアルとネットの融合は成功するか
本コンテンツは、2016年10月7日の「Business Journal」に掲載された記事のオリジナル原稿です。
ビジネス・ディベロップメント・マネジャー 舩木龍三



本コンテンツの全文は、有料会員サービスでの公開となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから全文をご利用ください。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

 2015年11月、セブン&アイグループはネットとリアルを融合したオムニチャネル戦略として「オムニセブン」をグランドオープンさせた。サービスの最大の特徴は、セブン&アイグループのコンビニやスーパー、百貨店など九つのECサイトで注文した商品をセブン-イレブン約18,000店を含むグループ全店での店頭受取りができる点である。

 同社では、このオムニチャネル戦略を、「セブン-イレブン」の登場に続く第2ステージと位置づけ、業態を超え、ネットと融合した新しい買物習慣をつくることを目指している。

 この試みは成功するのか、現状と今後の可能性ついて検討したい。


現状―事実で確認できること

 オムニセブンがスタートしてから11ヶ月が過ぎようとしている。これまでに成功したという声は聞かれない。現状はどうなのか。確認できた事実をみてみる。

  • 1ヶ月後 会員数は100万人を突破、ネット通販売上は前年同月比3割増
    (日経MJ 2015/12/9)
  • 3ヶ月後 会員数は150万人を突破、1日50万人以上が訪問
    (WWDジャパン 2016/2/15)
  • 2015年度オムニ売上 1,418億円。取扱い品目数は300万アイテムへ
    (セブン&アイIR情報)
  • 2018年度にはオムニ売上1兆円。取扱い品目数600万アイテムを目指す
    (セブン&アイIR情報)
  • セブン-イレブン1店当り1日平均店頭受取件数1~2件がほとんど
    (ビジネス誌による15店舗の取材)
  • 2016年度第1四半期決算説明会でオムニチャネル戦略の見直しを公表
    (セブン&アイIR情報)

 セブン&アイによると、2015年度の売上は「ほぼ計画通り」としているが、第1四半期決算説明会で見直しを公表した。成功事例として取り上げられていないのは、会員数などの実績についての対外発表ができず、ここにきてセブン&アイは見直しを宣言した(図表1)。


図表1.オムニセブンの売上実績と計画



オムニセブンには何が足りないのか?今後の成功条件とは?【続きを読む】(有料会員向け)
※会員のご登録はこちらをご覧ください。

参照コンテンツ


業界の業績と戦略を比較分析する


おすすめ新着記事

消費者調査データ<br>2018年、印象に残ったもの
消費者調査データ
2018年、印象に残ったもの

毎年恒例、2018年はどんな一年だったのか。地震や豪雨、台風などの自然災害、安室奈美恵の引退、大谷翔平や大坂なおみの活躍――。今年起こった出来事や人物、歌、商品などから、印象に残ったものを当社モニターに聞いた結果をランキング形式で発表!

戦略ケース<br>新たな市場を開拓する「LG styler」のブランド戦略
戦略ケース
新たな市場を開拓する「LG styler」のブランド戦略

LGのホームクリーニング家電「LG styler」が存在感を増している。PM2.5などの大気汚染対策として韓国ではヒット商品となっており、日本市場への定着も狙う。ニッチな用途に加えて15万円前後という価格にも関わらず、月に1万台売れるのはなぜか。同社が推し進める「ブルーオーシャン戦略」、そしてユーザーとメーカーの"共創"によるものづくりから、そのヒントを探ってみた。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>利用広がるおかず用調味料―心理負荷軽減背景に
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
利用広がるおかず用調味料―心理負荷軽減背景に

「おかず用調味料」のラインナップが増えている。今回、女性を対象に調査を行ったところ、実に全体の6割以上が半年以内におかず用調味料を利用していることがわかった。利用が広がる背景には、「時短」「おいしい」のほか、他人からの評価や献立を考える負担など、心理的な影響が垣間見える。






マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
会員登録のご案内
消費社会白書2019
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.